自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

ろうきんのカードローンは地域別!自分に合った申込みを確認する方法

ろうきんというのは労働者のための金融機関として存在しており、以前は各県ごと、現在では合併したりしていますがそれでも全国の地域ごとに存在していて、金融商品もそれぞれ独立して運営されています。

中央ろうきんのマイプランというカードローンの場合利用限度額の上限は500万円までとなり、金利は利用者が会員の組合員とかいった立場の違いで変わりますが最高でも8.475%で大変有利に利用できます。

申込みはネット上から可能になっていますが、これは仮申込みということになり、続いてろうきんの方で仮審査が行われ、これに通れば店舗に行って本申込みを行う事になって本審査が行われます。

ろうきんは全国の地域ごとに有り金融商品はそれぞれ独立している!

ろうきんというのは労働者のための金融機関として設立されたもので、労働組合の組合員等が一般の金融機関などよりも有利な金利で様々な金融商品が利用できるようになっています。

ろうきんと言えば全国統一組織のように感じますが、実際には各地にあるろうきんはほぼ独立した金融機関になっていると考えたほうが実態に合った理解ができるはずです。

このためカードローンなどの金融商品は名称は同じようになっている場合も多いですが、金利設定などの仕様はそれぞれ違うので、調べる場合には自分の地域のろうきんを調べるようにしてください。

ろうきんとはどういう金融機関なのか?

ろうきんというのは正式には労働金庫と言われるもので労働金庫法に基づいて設立される金融機関で銀行と同じように預金や融資を行う事ができます。

この金融機関は労働組合(労組)や生活協同組合(生協)が会員となっていて、これらの組合に入っている組合員の支援のために組織された非営利の組織で、会社組織となっている銀行とは一線を画しています。

したがって営利を目的にしている銀行とは違い、営利を目的にしないために、組合員などには非常に有利な条件で預金や融資を行っているので、お得な利用ができると考えられています。

全国のろうきんはそれぞれ独立していると考えるべき

現在でこそ全国労働金庫協会として組織的には一つになっているように見えますが、実際には全国各地のろうきんはほぼ独立していると考えてください。

以前は各県毎にろうきんは分かれていましたが、現在では合併が進んでかなり広域の組織になっては来ていますし、全国統一の機運も何度かあったのですが、統一には至っていません。

このためこれらのろうきんは独立した金融機関となっており、提供されている金融商品もそれぞれ別物と考える必要があります。

したがってろうきんの金融商品を利用しようと思う時は自分の地域のろうきんの店舗やホームページで情報を集めなければなりません。

カードローン等の金融商品もそれぞれ仕様が違う

したがって例えば中央ろうきんのホームページでカードローンを調べて、そのつもりで自分の地域の金融商品を申込もうとしても仕様が全く違っている可能性も有りますから注意が必要です。

同じろうきんを名乗っているので金融商品の名前などには共通点が有る場合もあり、それがまた混乱を招きかねませんから、この点十分注意して調べなければなりません。

ろうきんによってはホームページの記述が少なかったりして情報を求めて他のろうきんの情報で補おうとする場合もあるでしょうが、それでは誤った情報になってしまう可能性もでてきます。

ろうきんの金融商品を調べる場合には、必ず最寄りのろうきんの内容を調べるということを忘れない様にして下さい。

~自分の地域のろうきんが利用可能かどうかを確認しよう~
本文ではろうきんは各地にあり、それぞれ独立しており、会員の組合に加入している組合員を相手にする金融機関ということを説明しています。

このためろうきんによってはこういった組合員等に利用が限定される金融商品もあり、ろうきんを利用しようと考えている場合には、まず自分が利用できるのかどうかを調べておくことが必要です。

中央ろうきんのマイプランは最高500万円までの融資に対応!

ここでは中央ろうきんを例にとってろうきんのカードローンを説明していきます。

中央ろうきんのカードローンはマイプランと呼ばれるものですが、マイプランというカードローンは他のろうきんにもあるので、それらとは別のカードローンだと考えてください。

この中央ろうきんのマイプランの利用限度額の上限は500万円ということになっており、最近の大手金融機関の800万円には及びませんが、カードローンとしては十分高額の借入れが可能と言えるでしょう。

金利は例えば労働組合の組合員とかの利用者の立場によって変わりますが、それでも最高8.475%ですから、例えば大手銀行の14%に比べればかなり有利な借入れが可能になっています。

中央ろうきんのカードローンとは?

そこでここでは中央ろうきんのカードローンを例にろうきんのカードローンを説明していきます。

中央ろうきんのカードローンはマイプランという名称で提供されていますが、この名称は他のろうきんでも利用されているので、混同しないように注意してください。

中央ろうきんのマイプランの仕様は次のようになっています。

商品名 マイプラン
利用限度額 500万円(会員の労組等・生協の組合員)、100万円(その他の勤労者)
金利(年利) 3.875%~7.075%(会員の労組などの組合員)
4.055%~7.255%(会員の生協の組合員)
5.275%~8.475%(その他の勤労者)
返済方式 残高スライドリボルビング返済方式

このように利用者の立場によって利用条件が異なるので注意しなければなりません。

融資の上限は500万円まで

表に示したように中央ろうきんのマイプランの場合の利用限度額の上限は500万円までで、会員になっていない組織の一般勤労者の場合には100万円までの融資になります。

500万円というのは最近では大手金融機関に比べると、比較的少額に見えてしまいますが、勤労者から見ればかなりの高額です。

もちろん他の金融機関と同様に最初から上限まで融資が行われるわけではないので、そのあたりは予め了解しておく必要があります。

会員以外の組織の勤労者の場合には、融資上限がそれほど高額にはなりませんから、将来的に高額の融資が利用したいという場合には、マイプランは向かないかもしれません。

金利は利用者の立場によって違いますが最高8.475%で大変お得

マイプランで注目すべきは金利で、例えば最も有利な会員の労組などの組合員になっている場合には、最高でも7.075%で借入れすることができます。

現在多くの銀行のカードローンでは最高で14%台の金利になっているのが普通ですから、この中央ろうきんのマイプランの場合半分の金利で融資を利用することが可能です。

また会員になっていない組織の勤労者であっても、最高8.475%ですから、この数字であっても、銀行や消費者金融に比べてかなり有利な条件で借りられることは間違いありません。

利用できる立場にあれば、利用を考えてみる価値は十分あるのではないかと思える数字ではないでしょうか。

~他の金融機関のカードローンの最高金利はどのくらい?~
本文では銀行の場合のカードローンの最高金利に触れていますが消費者金融を含めて金利を比較したのが次の表です。

金融機関 最高金利
中央ろうきん(マイプラン) 8.475%
銀行(カードローン) 14%台
大手消費者金融(カードローン) 18%
中小消費者金融(キャッシングローン) 18%~20%

ろうきんが如何に有利なのか分かると思います。

ネット上から申込んで仮審査!窓口で本申込み

ただし、申込みは一般の金融機関に比べるとちょっと面倒です。

申込みは仮申込みと本申込みの2段構えになっており、仮申込みはネット上から行う事になり、この点では他の金融機関に負けてはいません。

しかし仮申込みの後行われる仮審査に通過した場合、本申込みは最寄りの中央ろうきんの支店の窓口にいって行う事になります、現在では多くのカードローンがネット上だけで申込めますからちょっと面倒です。

またろうきんは一般の金融機関とは違い、あまりな馴染みのある金融機関ではないので利用するには不安があることも多く、そのためにろうきんでは様々な相談機会を作っているので参加することも必要でしょう。

仮申し込みはネット上から可能

次にこのマイプランの申込方法を説明します。カードローンと言えば最近ではインターネット上だけでも契約まで行えるようになっている場合も増えていますが、残念ながらマイプランの場合はそうはいきません。

申込方法は2段構えになっていて、次のような流れで行われることになります。

仮申込み

 ↓

仮審査

 ↓

本申込み

 ↓

本審査

 ↓

契約
中央ろうきんの場合仮申込みはインターネット上のホームページから行う事になっています。仮審査に通過できれば、次は本申込みということになりますが、これはろうきんの窓口に行かなければなりません。

こういった申込みは以前は大手でもあったことですが、最近では地方銀行などに残っている例はありますが、徐々に消えて行ってしまい、今や珍しい方法と言えるでしょう。

このような手順を踏むことになるので、申込みから利用開始までにはそれなりに時間を要することになるため、即日融資が必要というような場合にはマイプランは向いているとは言えません。

本申込みでは窓口に行く必要がある

説明したように本審査は窓口に行く必要があるので、店舗が近くにない場合には、ちょっと面倒です。

ろうきんの店舗は各地にありますが、それでも一般の銀行のように探せばすぐに見つかるというようなものではありません。

しかも店舗は銀行などのように駅前というわけではなくちょっと離れたところにある場合が多く、店舗に行く場合はよく調べていく必要があります。

利用中は店舗に行く必要はそうありませんから、利用に影響が出るわけではないと思いますが、場所的に利用は無理だと感じた場合には他を探してください。

不明点は様々な相談機会が設けられている

また一般銀行に比べてろうきんというのは勤労者の間でもそう馴染みのある金融機関ではありませんから、なかなか内容の理解ができていない部分があります。

このためかどうかは分かりませんが、ろうきんの方も相談会を開くなど、様々な相談機会を設けているので、利用する前にそういった機会を利用してろうきんや金融商品を理解しておくようにしましょう。

いきなり申込むということも可能ですが、よく理解できていないままに利用を始めてしまうと、利用上支障が生じる可能性もないとは言えませんから、時間はかかりますがよく内容を理解するようにしましょう。

~ホームページだけでは情報は不十分~
ろうきんのホームページを見てみるとわかりますが、情報は極めて不十分です。まだまだインターネットを有効に利用しているとはいいがたいものがあります。

ですからろうきんの利用を考えた時は本文でも説明しているように相談会に参加するなどの情報収集の機会がどうしても必要です。

融資の利用はATMかネットバンキングで可能!

融資の利用はATMを利用するかネットバンキングを利用して振込んでもらうことで行います。

ろうきんのATMなんて見たことが無いと言う人も多いでしょうが、店舗に行けばちゃんと存在しています。ただし数は確かに少ないですから全国のMICS加盟の金融機関やコンビニのATMで利用が可能です。

返済は月々返済していく方法とこれに加える形でボーナス時の加算ができる方法を選ぶことができます。

ろうきんは労働者基準ですから、ボーナスを前提に利用すれば、比較的楽に返済ができるように返済額も考えられているので、利用するときはよく考えて選ぶようにしましょう。

融資はATMかネットバンキングが利用できる

融資の利用は次の2種類が利用できます。

  • ATMからの融資の引出し
  • ネットバンキング/モバイルバンキングでの融資の振込依頼

ホームページの情報は貧弱と言わざるを得ませんが、ろくきんはネットバンキングが利用できるようになっているので、この点ではインターネットを有効に利用していると言えます。

多くの場合にはATMからの利用になるはずですが、今後はネットバンキングの利用者も増えていくはずですから、その点で言えばろうきんも将来的に便利に利用できるシステムができていると言えるでしょう。

ATMは全国のMICS加盟の金融機関やコンビニが利用可能

利用できるATMはろうきんのATM及び提携ATMで次の3種類があります。

  • ろうきんのATM
  • MICSに接続されているATM
  • コンビニATM

ろうきんのATMはろうきんの店舗に行けば利用できますが、先程も説明した通りろうきんの店舗はお世辞にも見つけやすいとは言えません。

MICSというのは全国キャッシュサービスというもので全国の主な銀行などが接続していますから、ほぼどこの銀行でも利用することが可能です。

更にコンビニATMが利用できますから、全国どこに行っても融資を引き出すことが可能と考えることができます。

ただし、ATMによっては利用手数料がかかってしまう事になります。しかしろうきんの場合利用で掛かった手数料は後日キャッシュバックされるので一時的に手数料がかかっても、最終的には戻ってきます。

したがって提携ATMを利用する場合でも安心して利用することができます。

返済は月々返済する方法の他ボーナス時に加算する方法も選べる

借入したら返済が始まりますが、先程表に示したように残高スライドリボルビング返済方式で利用残高によって月々の返済額が決まります。

ただしろうきんですから勤労者に合わせて月々に加えてボーナスを有効に利用するために、ボーナス時に加算する方法も選択できるようになっています。

月々の返済額は次のようになっています。

借入残高 月々の返済額 ボーナス時加算を利用する場合の月々の返済額/th>

ボーナス時加算額
30万円以内 5000円 5000円 無し
30万円超50万円以内 1万円 1万円 無し
50万円超70万円以内 1万2000円 1万円 2万円
70万円超80万円以内 1万3000円 1万円 2万円
80万円超100万円以内 1万5000円 1万円 3万円
100万円超150万円以内 2万円 1万5000円 3万円
150万円超180万円以内 2万5000円 2万円 3万円
180万円超200万円以内 3万円 2万5000円 3万円
200万円超250万円以内 3万5000円 3万円 3万円
250万円超300万円以内 4万円 3万円 6万円
300万円超350万円以内 5万円 4万円 6万円
350万円超400万円以内 5万5000円 4万円 9万円
400万円超450万円以内 6万5000円 5万円 9万円
450万円超500万円以内 7万円 5万円 12万円

大概の場合には借入れが30万円を超えるようなことはないので返済は月々5000円ということになります。

高額の借入れをしてしまうと返済の負担が大きくなるので十分注意してください。

~自分の返済能力を把握しておくことが重要~
返済に行き詰らないようにするには、予め自分の返済能力を把握しておく必要があります。返済能力は月々の収入から支出を引いて収支を計算すればそれが生活に影響せず返済できる上限ということになります。

この金額を見極めて返済額がそれを超えないように借入額を抑えれば返済に行き詰ってしまうようなことはないはずです。

ここでろうきんのカードローンについて纏めておきます。

  • ろうきんは全国にありそれぞれ独立した金融商品を持っている
  • 中央ろうきんの場合カードローンのマイプランでは最高500万円までの融資に対応している
  • 仮申込みはネット上から可能だが本申込みは窓口に行く必要がある
  • 融資の利用はATMかネットバンキングから可能

ろうきんはいくら低金利でも利息がかかる事に違いはありません。ですから借入れが必要になった時はまずは借りなくて済ませる方法がないかよく考えてみることが重要です。

閉じる
閉じる