自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンをすぐに利用したい!申込み日の即日利用は可能なの?

カードローンは以前は申し込みから、実際に融資が行われるまで数日を要しましたが、これはそれだけ審査に時間がかかっていた為で、現在では審査技術が向上し、申込日即日でも融資ができるようになりました。

ただし、即日利用をするためには、営業時間内に審査が終わらなければなりませんから、申込時間には注意が必要で、遅い時間になってしまうと、即日融資が難しい可能性も出てきます。

また現在利用者が増えてきているネット銀行の場合、カードローンの利用には普通預金口座の開設が前提になっているのが普通です。

このため普通預金口座を持っていない場合には、ネット銀行は早いというイメージがありますが融資まで意外に時間がかってしまうので要注意です。

カードローンは審査技術の向上で即日利用が可能になっている!

カードローンは他のローンに比べれば融資額がそれ程高額にはならないことから、審査時間はもともとそれほど長くはなく、申込み後数日中には借りられました。

しかし、利用者獲得競争が激しくなり、なるべく速い融資が望まれていたことから、審査技術が向上して自動化が進み、現在では申込日の即日融資が可能になってきています。

ただし、即日融資ができる技術は有っても、現在でも即日融資には対応せず、時間をかけて審査を行っている金融機関もあります。

このため即日融資を望む場合には、あらかじめ即日融資に対応しているカードローンを選んで申込みを行ってください。

【関連記事】

急ぎでカードローンを利用したい!即日融資を可能にする重要項目

申込みから借入れまでの時間は審査時間で左右される

カードローンに限らずローンは申込者が本当に返済してくれるかどうかを調べるために審査を行って融資するかどうかを決めています。

申込みから実際に融資が行われるまで時間が必要なのは、この審査の時間が必要なためで、審査時間が短くできれば申込みから融資までの時間も短縮できます。

カードローンの場合も、以前は申し込んでから利用できるまでには短くても数日を要していました。それでも融資額がそれほど大きくはないですから、他の高額なローンよりも早かったのです。

審査の自動化が進んで即日利用が可能になっている

ところが最近では利用者の要望もあって、さらに審査時間が短くなって、申込んだ日に即日融資が行われるのも普通になってきました。

ただし金融機関はいくら要望があったとしても、審査項目を少なくして審査を早くするようなことはしていません。

利用者の中には即日融資の方が審査項目が少なくなって審査に通過しやすいと考えている人もいますがそれは間違いです。

審査時間が短縮できたのは、審査の技術が向上して、スコアリングシステムなどを利用して自動化が進んだだけで、審査項目はきっちり行われています。

現在でも即日利用に対応しないカードローンも存在する

ただし、こういった即日融資可能なカードローンが増えている中、一部のカードローンは従来と同じように、時間をかけて審査を行っている場合もあります。

こういったところは審査技術が遅れているということではなくて、金融機関の考え方の違いです。

とにかく早く審査を終えて融資を行うことを優先している金融機関と、できるだけ安心して融資が行える利用者を厳選しようと考える金融機関との違いというわけです。

ですからもし急にお金が必要になって、即日融資の為にカードローンの申込みをするというのであれば、そのカードローンが即日融資の可能性のあるものなのかどうか、予め確認しておかなければなりません。

~銀行のカードローンは今後即日利用が難しくなる可能性~
銀行のカードローンはこれまで利用者を増やすために多少審査を甘めにしていた面があり、これが多重債務者を生んでいると言われるようになっています。このため現在もう少し審査を厳しくするように検討されており、即日融資も難しくなると言われています。ですから今後即日融資は消費者金融でなければできなくなってしまうかもしれません。

即日融資の注意点とは?申込時間にによっては即日の借入は難しい

最近では即日融資に対応していることはカードローンの一種の売りになっているので、即日融資対応のカードローンを見つけるのはそう難しくありませんが、即日融資の利用には注意すべき点があります。

審査時間が短縮されているとはいっても、時間がかからないという事ではありませんから、即日融資を希望する場合は、その時間も考慮して、営業時間内に契約まで行える時間に申し込みをしなければなりません。

もし遅い時間にお金がどうしても必要になった場合には、店頭にある自動契約機まで行って申込みをすれば、営業時間を過ぎていても、自動契約機が稼働している時間内であれば即日融資の可能性はあります。

また店舗に行かないで申込みを行う場合には、ローンカードは郵送になるので、ATMの即日利用は難しくなります。即日ローンカードを受け取りたい場合は申込み後、店舗や自動契約機まで行く必要があります。

即日利用のためには審査時間を考えて申込む必要がある

即日利用が可能と言っているカードローンでも、申し込めば必ず即日融資をしてくれると言うことではありません。あくまで審査が順調にいけば即日融資が可能と言っているだけです。

即日融資が可能になるのは、次の条件を満たした場合です。

  • 当日中に審査が終了できる時間に申込みを行うこと
  • 審査が順調に進むこと

これを踏まえて考えると、審査が順調に進むという仮定しても、審査が金融機関の営業時間内に終わって契約まで進められなければ、即日利用は難しくなります。

つまり、即日融資を狙うのであれば、ある程度早い時間に申し込まなければならないということです。

通常は午前中に申し込めば、即日融資は可能と言われています。

自動契約機なら営業時間以降でも即日融資の可能性あり

もし時間的に無理そうという場合には、店舗に行って店頭に設置されている自動契約機を使えば、即日融資が利用できる可能性はあります。

自動契約機の稼働時間は金融機関ごとに違っていますが、少なくとも店舗の営業時間後も利用することができます。

概ね20時程度になっていますが、場合によってはさらに遅い時間まで稼働している場合もあります。

自動契約機で申し込めば、その場でローンカードが発行されるので、すぐにATMから融資を引き出すことができます。

ローンカードの受け取りをどうするか考えておこう

即日利用で問題になるのがローンカードの受け取り方法です。現在では銀行振込による融資の利用も可能ですから、ローンカードが届くまでは銀行振込で融資を利用することができます。

しかし利用者の中にはローンカードがほしいという場合があります。

この場合郵送では即日受取りは難しいので、申込みを行って審査通過後に窓口か自動契約機に行ってローンカードを受け取る必要があります。

ただし、結局店舗に行くのであれば、最初から店舗に行ってその場でローンカードを受け取ったほうが面倒がなくて良いかもしれません。

~土日の申込み~
土曜日は消費者金融なら営業している場合もありますが、日曜日にお金が必要という場合どうすればよいでしょうか。この場合金融機関によっては自動契約機が稼働しているところがあるので、どうしても必要という場合にはこういったところを利用すれば、借入れすることができる可能性があります。

ネット銀行での即日融資は既に口座を持っていなければ難しい!

また最近利用者が増えてきているネット銀行でもカードローンを取り扱っていますが、一部のネット銀行を除いて、カードローンの利用には普通預金口座の開設を要求している場合があります。

この場合、預金者を増やすという目的もありますが、口座を開設することで、本人確認を行うという目的の含んでいると考えられます。

このため既にそのネット銀行に普通預金口座を持っていれば、即日融資が可能になる場合が多いのですが、持っていない場合は口座が開設されるまで2週間程度時間がかかってしまうため注意が必要です。

ネット銀行では普通預金口座を持っていることが前提

注意が必要なのはネット銀行を利用する場合です。

ネット銀行はインターネット上だけで取り引きを行う銀行で、その分様々な手続きも迅速に行われるのですが、カードローンの申込みには注意が必要です。

一部を除いて多くのネット銀行では、カードローンを利用するためにはそのネット銀行に普通預金口座を持っていることを前提にしています。

ネット銀行は注目を浴びてはいますが、まだまだ歴史が浅く、利用者が多いというわけではなく、普通預金口座を持っている人は多くは有りません。

このため普通預金口座を必要とする一つの目的は預金者を増やすという事にあります。

口座を開設してカードの受け取りで本人確認が行われる

また普通預金口座を持つということはその時点で本人確認がしっかり行われるということです。

ですからカードローンを利用する場合も普通預金口座を持っていれば、既に本人が確認されているので、安心して融資することができるわけです。

普通預金口座を開設してキャッシュカードが送られてくる場合、書留の場合もありますが、最近では日本郵便の本人限定受取郵便が利用されることがあり、受け取り時点で日本郵便によって確認が行われます。

既に普通預金口座を持っていれば即日融資の可能性はある

普通預金口座を開設したことがある人は分ると思いますが、銀行に行って開設してもキャッシュカードが送られてくるまでには1週間から2週間の時間がかかります。

普通はその間にも口座が利用できるものですが、ネット銀行のように本人確認がカードの受取りと同時に行われる場合、それまで口座の利用ができません。

このため、こういった仕掛けになっている銀行の場合、すでに普通預金口座を持っていれば、本人確認も済んでいるため、カードローンを申し込んでも即日融資の利用は可能でしょう。しかし、持っていない場合にはかなりの時間がかかってしまうことになるので、安易にネット銀行なら早いだろ言うというような考えを持つのは危険です。

~必要書類の準備を忘れない様にしよう~
カードローンの申込みのは本人の証明書類や収入の証明書類が必要になりますが、申込みを行う前に必要書類を確認して準備しておきましょう。特に店舗や自動契約機を利用しようという場合には、書類を忘れると、申込みができませんから十分注意してください。

即日融資はお勧めできない!カードローン選びには時間が必要

このように現在ではカードローンの即日融資は当たり前になりつつありますが、利用者の中には利用開始後に不満を抱く人もいます。

カードローンに限らず何かを選ぶ場合、自分がどのように利用するのかによって使いやすいものを選ぶのが普通ですが、即日融資を優先するあまり、使いやすいという視点が抜けてしまうことになりかねません。

カードローンというのは長期的に何度も利用することになるものですから、不便なものを申込んでしまうと不満も溜まることになります。

ですから即日融資というのはあまりお勧めできる申込方法とは言えず、即日融資を利用しなければならないような状況に追い込まれないようにすることが大切です。

カードローンは自分が使いやすいものを見つける時間が必要

このように審査さえ順調にいけば、カードローンは即日利用が可能になります。しかし即日融資はあまりお勧めできるものではありません。

カードローンにはそれぞれ違いがあり、利用者毎に使いやすいものだったり、使いにくいものだったりするので、安易に選ぶと後々使いにくくて後悔することになってしまう可能性があるのです。

ですからカードローンを選ぶ場合には、多くのカードローンの中から、十分時間をかけて自分の利用方法に合っているかどうかを、調べることが重要なのです。

即日融資の利用の場合選ぶ時間が十分とれない可能性が高い

即日融資を利用する場合も事前に十分時間を取って選んでいるのであればよいのですが、即日利用をしようという人の場合、その日になって借入れする必要が生じて申込みを行うという人が多いようです。

このため、即日融資を優先することになるため、カードローン選びは十分な時間が取れず、結局有名どころから選んで申し込むことになってしまいます。

こうして選んでしまうと、例えば自分の周囲にあるATMは提携ATMばかりで利用するたびに利用手数料がかかってしまい、長期でみると大きな損失につながってしまうということも有り得るのです。

即日融資の利用が必要になる状況に追い込まれないことが大切

確かにお金は時として急に必要になってしまうことがあるものです。そういった時に即日融資は大変便利です。しかしそもそもそういった状況に陥ることこそが、大きな問題なのです。

日頃から自分のお金と言うものがしっかり管理されていれば、いつ頃いくらくらいのお金が必要なのかということは予想できるはずです。予想できれば、それを自前で用意できるのか、あるいは借入れが必要なのかは判断できるはずですから、急なお金の借入れは必要なく、余裕をもって借入れの準備ができるようになるでしょう。

これまで自分のお金を何に利用しているのかわからないというような人は、いざと言う時の為に今日からでも、お金の管理を始めてみてください。

~返済の可能性も事前に計算しておこう~
カードローンは利用者はまず借入れのことを考えますが、もっと重要なのは借りたお金を返していけるのかということです。ですから即日融資を利用するにしても、その前に必ず返済の可能性を計算して、返済できるという場合だけ借入れするようにしてください。

ここでカードローンの即日融資について纏めておきます。

  • カードローンは審査技術が向上し即日融資が可能になっている
  • 即日融資は審査時間も考慮して早めの申し込みが必要になる
  • ネット銀行を利用する場合には普通預金口座の開設が必要になる場合が多く利用までに時間がかかってしまい即日融資の利用は難しい
  • カードローンは自分に合ったものを見つけることが重要でじっくり時間をかけて選んだほうが良い

お金が足りない時に即日融資は便利ですが、まずは借りなくて済ませることはできないかどうかを検討するようにしましょう。そうすれば返済の負担も無いのです。

閉じる
閉じる