自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンは即日審査が可能!時間帯や必要書類に注意して

カードローンは比較的少額の融資という事もあって、審査は比較的短時間で終り、自動化も進んでいることから、審査で特に問題が無ければ、申込即日の融資も可能な場合があります。

多くのカードローンは余程申込みが立て込んでいなければ、即日審査が行われていて、これが即日融資につながります。

ただし、申込時間などによって、即日審査結果の連絡まで行くかどうかの保証はなくカードローンによって翌営業日以降になることもあります。

このように即日融資が可能と言っているカードローンであっても、即日融資を保証しているわけではないので、申込みを行う場合には、何日間かは掛かるという前提で申込むようにした方が無難でしょう。

カードローン審査は自動化が進んでいる!問題が無ければ短時間で終る

最近のカードローンは即日融資を売りにして宣伝しているような場合があり、審査さえスムースに進めば申込み当日に融資を受けることも夢ではなくなってきています。

この即日融資を可能にしているのが、審査技術の向上で審査の多くの部分が自動化されることによって、人間が関与する部分が少なくなっているためと言えるでしょう。

ですから特に審査で問題視するような部分が無かった場合には、審査は非常に短時間に終わることになり、早い時間に申込みを行えば、当日中に審査は終了して、融資を提供することができるようになりました。

カードローンは即日融資も夢ではない!

カードローンは最近テレビでコマーシャルを見ない日はなく、その多くで、すぐに利用できるような宣伝をしています。

インターネットなどで調べれば、申込み後30分以内で利用が可能というように、いまや即日融資がカードローンの一つの売りになっているところがあります。

カードローンもローンの一つですから、申込み後無条件で融資をするわけではなく、しっかり審査を行って、それに通過できなければ、融資の利用はできません。

したがって、申込み後30分で融資をするという事は、その間に審査を終わらせるという事で、人によっては審査を一部省いて、簡単に済ませているのではと考える人もいるほどです。

即日融資を可能にしている審査の自動化

しかし、金融機関というものは審査を非常に大切にしており、やるべき審査項目を減らしてまで、即日融資のこだわるところはありません。

つまり、短時間と言えども、審査項目は全て確認しているという事です。

審査を省いているから審査に通りやすいと考えている人も、実際にはそう甘くはないので、考え方を変えてください。

ではそれまで時間のかかっていた審査がなぜこれほど短時間で行えるようになったのかというと、それは審査の自動化技術が高度化しているためです。

審査ではスコアリングシステムというものが使われ、多くの項目が機械的に評価され点数化して、基準点を満たしていれば、最終的に人間による確認が行われることになります。

つまり自動化できる項目が多ければ多いほど、審査は短時間で済むことになる訳です。

【関連記事】

審査が甘いカードローンは本当にあるの?甘いと感じるのは人それぞれ

問題が無ければ審査は短時間で終了する

こうして自動化できている部分は一瞬で終りますから、あとは人間が判断する部分だけが残る訳です。

この残った項目に問題があれば、審査はその分判断に時間がかかることになりますが、特に問題が無ければ、非常に短時間で終り、先程説明したように、30分以内で終了することも可能になってくるわけです。

審査に時間がかかる場合、たとえば、在席確認が取れないとか、申込情報と信用情報に記載されている内容に矛盾があるというようなことが考えられます。

そういった場合には、確認のために、申込者側に問い合わせが必要になるケースも考えられ、審査終了まで時間がかかることになります。

~審査では何が行われるのか~
審査はカードローン毎に作られている審査基準に従って行われますが、内容の詳細は公開されるようなことはありません。したがって予測するしかないのですが概ね次のような確認や評価が行われているはずです。

  • 申込者の本人確認
  • 申込者のの返済能力
  • 申込者の信用

このどれかに問題があれば審査には通過できません。

即日審査のカードローンは増えている!結果連絡は即日とは限らない

このように審査は自動化が進んでいますから、申込みが行われれば、よほど申込みが立て込んでいなければ、即日審査が行われるのが既に普通になってきています。

ただし、金融機関も24時間無休と言う事ではありませんから、申込みは受け付けられても審査が行われる時間は決まっているので、申込時間によっては、審査は翌営業日以降になる場合もあります。

即日審査が行われても、やはり人間が関与する部分が全くない訳ではありませんから、結果連絡がいつになるのかはカードローンによって違いがあります。即日の場合も有れば翌営業日以降の場合もあります。

多くのカードローンが申込日に即日審査を行っている

説明したように現在では即日融資が珍しくない時代になってきたので、その前提として、申込日に即日審査が行われることになります。

実際、多くのカードローンが即日審査を行っていますが、これと即日融資は切り離して考えなければなりません。即日審査が行われたとしても、融資は即日行われるとは限りません。

即日審査が開始されても、時間がかかる場合もありますから、審査結果は翌営業日以降でなければ出ないことも有るのです。

申込時間によっては審査は翌営業日以降になる場合もある

また即日融資とは言っていても、申込時間によっては即日審査が行われず、翌営業日以降にまわされることも可能性としてはあることにも注意が必要です。

金融機関には営業時間があります。店舗が開いているのは銀行の場合9時から15時までです。現在ではシステム的には24時間稼働しているのが普通ですが、審査などは営業時間内というところもあります。

例えばインターネット経由で申込みを行った場合には、多くのカードローンが午前中に申し込めば即日融資の可能性があるというような説明を行っています。

つまりそれを過ぎてしまうと、たとえ即日審査を行っても、結果の連絡は翌営業日以降になる可能性があるということです。

結果連絡がいつになるかはカードローンによって違う

また即日審査が行われたとしても、結果の連絡がどのように行われるのかはカードローン次第です。

最近ではインターネット経由での申込みが増えていますが、この場合審査結果の連絡は、電話あるいはメールで行われるのが普通です。これなら、結果はすぐに受け取ることができるでしょう。

しかしカードローンによっては、審査に通った場合には、電話連絡で、審査に通らなかった場合にはハガキで連絡が行われる場合もあり、この場合だと、結果が分かるまで数日必要な場合も出ていきます。

このように審査結果の連絡方法というのはカードローンによってそれぞれ違いがあるので、あらかじめ、どういった連絡方法がとられるのか、確認しておいた方が無難です。

~自動契約機なら営業時間を過ぎても申込可能~
本文では審査結果の受け取りは翌営業日以降になる可能性があると説明していますが、自動契約機ではさらに遅くまで利用が可能な場合があります。自動契約機の稼働時間は20時とか21時までになっている場合があるので、そう言ったカードローンであれば、その時間内までは、即日審査でその場でローンカードの受け取りも可能です。

即日融資は保証されている訳ではない!時間が掛る事を前提にすべき

説明した通り最近では即日融資が普通になってきていますが、この即日融資は絶対可能とは言われていません。即日審査を行っても審査完了は即日とは限らない訳ですから、当たり前の話です。

したがって、カードローンの申込みを行う場合には、即日融資の可能性はあるにしても、やはり何日かかかる前提で申込みをしておいた方が無難だと考えるようにしましょう。

重要なのは先をよく見ていつどの程度のお金が必要になるのかを見通せるようにしておくことで、即日融資が必要な状況に追い込まれないようにしなければなりません。

即日融資は絶対可能とは言っていない

カードローンの説明資料を読んでみると、即日融資についての言及が有ったとしても、絶対にそれを保証するような記述にはなっていません。

それどころか、審査状況によっては時間がかかるという記述がある場合も珍しくはありません。

即日融資の可能性に言及しているという事は、即日審査が行われるのは間違いありませんが、先程説明したように審査には問題が発生する場合も有るので金融機関が即日融資を保証できないのは当たり前の話です。

何日かかかる前提で申込むべき

このため、申込者の中には即日融資を狙って申し込んだのに、実際には即日利用できず、困ったというような話も珍しい話ではなくなるわけです。

したがって、もしカードローンを申込む場合には、即日融資の可能性があると記載されていたとしても、融資の利用は何日か先になるという前提で、考えておいた方が無難です。

審査が長引くという事は、途中で審査が打ち切られるという事ではなく、まだ融資される可能性が残っているという事です、即日審査結果が無かったとしても諦める必要はありません。

焦って他を申込むというようなことをすると、かえって申込ブラックなどになって可能性をつぶしてしまう事になることもあり、じっくり連絡が待てるような日程で申込みを行う事は、大変重要です。

即日融資が必要な状況に追い込まれないことが大切

そのためには、いつ頃お金が必要になるのかを正確に予想できなければなりません。

これを予想するためには、まず自分のお金というものが正確に管理できている必要があります。そのためには家計簿のようなものを作って自分の収入と支出を管理している必要があります。

これができたとして、次に必要なのが、将来予測です。収入と支出が管理できていれば、いつ頃どのような支出が有るのかは容易に予想できます。

また将来の予定から、何かお金がかかることが有れば、自分のお金で足りるのかどうかも分かるはずです。

もし足りないという予想があるのであれば、早めにカードローンの申込みも可能になるというわけです。

つまり、将来を見通して即日融資を利用しなければならなくなるような状況に追い込まれないことが大変大切なのです。

~窓口や自動契約機以外はローンカードは郵送になる~
カードローンの申込みで注意しなければならないのはATMでの利用を想定している場合、ローンカードは窓口や自動契約機での申込みを除いて郵送になるという言ことです。したがって、即日審査が通過したとしても、銀行振込でなければ融資の利用はできません。

銀行のカードローンの審査は厳しくなる!即日の審査終了はなくなる?

現在ではカードローンの売りになっている即日融資ですが、銀行では融資しすぎて多重債務者を生んでいるとの批判があり、現在審査のあり方の見直しが進んでいると言われています。

このため近い将来、銀行のカードローンについては、現在よりの審査に長時間を要するようになると考えられます。

即日審査が開始されたとしても、審査時間を要することになって申込み当日には終わらなくなるでしょう。

このため、現在の審査では即日融資が可能になっていたとしても、今後は即日融資の利用は難しくなることが予想されます。

こういったことも有ってやはり先々を見通して早め早めに融資の申込みができるようにしなければなりません。

銀行はカードローンの審査の見直しが行われている

ただし、このように即日融資が増えてきている中で、銀行ではカードローン審査の見直しが議論されています。

これは銀行のカードローン審査が比較的緩いために借り入れが多くなる利用者が増え、返済できなくなって多重債務者になってしまう人も増加しているという背景があります。

この為、このままではかつての消費者金融のように総量規制のような法的な規制が入るのは時間の問題だと考えられるようになって、そうなる前に銀行業界で自主的な規制を行おうというわけです。

そうなった場合、現在の審査よりも厳密な審査が行われることになって、融資が利用できる人の数も絞られることが予想されます。

審査には時間がかかることになる

審査が厳密に行われるという事は、審査項目が増え、人間が介在しなければならない部分も増加するはずです。

人間が介在するという事はそれだけでも時間がかかる訳ですが、自動ではありませんから、審査に待ち行列ができる事につながり、更に審査時間は伸びることになるはずです。

順調に進んだとしてもそうですから、何か問題があるという場合には、さらに時間がかかることになるので、カードローンの申込みは時間がかかるものだという認識に改めなければならなくなるかもしれません。

もちろんそういった厳しい審査が行われれば、多重債務者に陥る人も少なくなるはずですが、審査が厳しくなる事によって銀行のカードローンの利用が難しくなる人も増えてくるはずです。

即日審査が始まっても即日融資は難しくなる

そうなると、たとえ即日審査が行われたとしても、1日で終るというのは難しくなり、審査終了は翌営業日以降になる可能性が高くなるのは間違いありません。

したがって、今後は即日融資を狙うのであれば消費者金融のカードローンということになっていくことも十分考えられます。

また銀行のカードローンを狙うのであれば、先程説明したように、利用開始できるまで時間がかかる前提で、先を見越して申込みを行うようにしなければならなくなるでしょう。

使いにくくなると考える人もいるでしょうが、この方が健全な形であることは間違いありません。下手に借入れしてブラックになってしまうよりもずっと良いのです。

~審査通過を楽観してはいけない~
カードローンは簡単に借りられるというようなイメージがありますが、実際には、現在でもそれほど甘いものではありません。審査通過率で言えば公表されている大手消費者金融各社の場合で概ね40%台となっており半数以上は借りられません。銀行の場合には公表されていませんが消費金融よりも厳しいはずで、さらに低くなっていると考えられます。ですから、カードローンを申込む場合、あまり審査を楽観してはいけません。お金が必要という場合も、融資が受けられない時はどうすれば良いのか予め考えておく必要があるでしょう。

ここでカードローンの即日審査について纏めておきます。

  • カードローンの審査は自動化が進み問題が無ければ短時間で終了する
  • 審査結果は申込時間などによって翌営業日以降でなければ分からないことも有る
  • 即日融資は保証されているわけではないので時間がかかる前提で申し込みを行ったほうが良い
  • 銀行のカードローンは審査が緩すぎると批判があり今後厳しくなる可能性が高く即日審査を始めたとしても結果は翌営業日以降になる

即日審査が行われ即日融資が可能となっても、安易な借り入れは返済に行き詰ることも有るので、必ず自分の返済能力を確かめ返済計画を立ててから借りるようにしましょう。

閉じる
閉じる