自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンは返済が重要!まず返済シミュレーションを使ってみよう

カードローンというのはATMからお金を引き出す事が多いので、自分のお金のような気になってしまいがちです。

しかし実際は借金ですから、必ず返済することになるため、借入れ前に返済の可能性を見極めておかなければなりません。

そのためには、まず自分が月々いくら返済することになるのかを知る必要がありますが、多くのカードローンが返済シミュレーション機能を提供しているので、簡単に計算できます。

ただし、返済の可能性は、この返済シミュレーション機能だけでは判断できず、自分の返済能力と突き合せて、シミュレーション機能で計算したお金を月々用意できるかどうかを予め見極めることが必要になります。

カードローンは借金!借りたものは返さなければならない

カードローンはATMから引き出すという形から、利用が進むと自分のお金を引き出すような感覚になってしまうことが有り、ついつい借り過ぎてしまうことが有ります。

しかしカードローンは借金ですから、どのような形で借りたとしても、借りたものは返さなければなりません。ATMから引き出したとしても決して自分のお金ではないのです。

このため、カードローンと言えども、安易に借入れを繰り返すのではなく、借入れする前には、自分が返済していけるのか、その可能性についてしっかり検討しておかなければならないものなのです。

カードローンを利用していると自分のお金のような気になってくる

カードローンの大きな特徴というのは、カードを使ってATMから好きな時に引き出せるということです。大変便利ですね。

しかしこの便利さが災いすることもあります。カードを使ってATMから引き出すというのは、自分のお金をキャッシュカードで引き出すのと同じ操作です。

銀行によってはキャッシュカードでカードローンの利用ができるものさえあります。

このため、何度もカードローンを利用していると、だんだんローンという感覚が薄れて、自分のお金を引き出すような気分と同じようになり、ついつい使い過ぎてしまうことになってしまうのです。

借りたものは必ず返済しなければならない

しかし、どう使おうとカードローンは借金です。ですから、借りたもは必ず返済しなければなりません。しかも利息付きでです。

最初はいつもの支出に加えて返済額の支出があるので、返済しているということが分かりますが、先程のようについつい使い過ぎてしまった場合、毎月返済しなければならなくなってしまいます。

つまり、本来であれば支出しないでもよいお金で有ったとしても、それが続けば返済しているのが普通の状態になってしまい、一種の感覚の麻痺のような状態に陥ってしまうことになりかねません。

【関連記事】

カードローンのデメリット。借り易さが仇になることもある?

借りる前に返済の可能性を見極めておく必要がある

それでも返済が行っていけていればまだ良いのですが、借り過ぎてしまうと、返済方式によっては、月々の返済額が増えてしまうことになって、徐々に返済が苦しくなってしまう場合もあります。

ですからカードローンを利用する時は、借金であるということをよく自覚して、自分の収入の中から返済していけるかどうかという可能性を、あらかじめ見極めておくことが必要です。

そのためには、カードローンを利用するときは衝動的に利用してしまうのではなく、よく考える時間を取ることが重要です。いろいろ考えていれば、借りなくて済ませられる方法も思いつくかもしれません。

~カードローンは安易に借りると多重債務に繋がる~
無計画に借入れしていると本文で説明しているように、返済が苦しくなることがあります。その時何とか遣り繰りで返済できれば良いですが、中には他からの借り入れで返済しようとする人もいます。そういうことを繰り返すと、複数の債務を背負うことになり、それらが返済できなくなって多重債務者になってしまうこともあるのです。

返済の可能性を探るため!まず返済シミュレーションを利用してみよう

ではどのように返済の可能性を探ればよいのかというと、まず調べる必要があるのは、自分が月々いくら返済することになるのかということで、そのためには返済方式を理解しておく必要があります。

返済方式というのは月々の利息分と元金の返済分を決める方式で、これによって、月々の支払額がいくらになるのかが変わってくるのです。

返済方式はカードローン毎に決まっているので利用予定のカードローンの返済方式を調べる必要がある訳です。

ただし、そんなの面倒だという人もいるので、多くのカードローンでは月々いくらの返済になるのか計算してくれる返済シミュレーション機能を用意しています。

返済の可能性を探るには月々いくらの返済が必要なのか知る必要がある

返済の可能性を探ることの重要性が分かったと思いますが、では具体的にどのように可能性を探れば良いのかという話になります。

そのためには自分が月々いくらの返済を、いつまで続けることになるのか知る必要があります。

そのためには、まず自分が利用するカードローンのことをよく知らなければなりませんから、まずは説明資料に目を通すことから始めましょう。

現在ではホームページが有りますから、最新情報の確認が簡単にできるので、それほど時間はかかりませんが、細かいところまでよく読んで、自分の利用しているカードローンをよく理解してください。

月々の返済額は返済方式によって変わる

特に確認が必要なのは、返済方式で、この方式次第で月々の返済額や、返済期間が決まります。

カードローンで採用されている返済方式は次の2種類です。

返済方式 解説
リボルビング方式 借入残高に関わらず返済額が月々一定になる返済方式
残高スライドリボルビング方式 借入残高を段階的に区切って、各段階内では月々の返済額が一定になる方式で、段階が変われば月々の返済額が上下します。

ただし、リボルビング方式の場合、借り過ぎてしまうと利息ばかり支払って元金の返済が少なくなるため返済期間が延びるという欠点があます。

このため最近では残高スライド方式を採用しているカードローンが増えています。

多くのカードローンでは返済シミュレーションが用意されている

この返済方式を理解して、利息の計算ができれば、完済までの返済額や返済期間を計算することが可能になります。

ただしこれらを理解しておくことは大切ですが、いざ自分で計算してみるのは面倒だと言う人もいるので、多くのカードローンではホームページで返済シミュレーション機能を提供しています。

これを利用すれば、借入額を入力することで、完済までの月々の返済額を計算することができます。

まずは自分が利用しているか、あるいは利用を計画しているカードローンのホームページで返済シミュレーション機能を探してみましょう。

~シミュレーションの前に借入額を少なくすることを考えよう~
返済シミュレーション機能を利用するのは良いのですが、それを使えば返済しやすいということではありません。まず必要なのは、借入しなくて済ませる方法はないか、借入れしなければならないのであれば、借入額をできるだけ減らすことを考えることです。

返済の可能性はシミュレーションでは分らない!重要なのは返済能力

ただし返済シミュレーションというのは月々の返済額と返済期間を計算してくれるだけで、この計算をしたからと言って、返済が可能になるということではありませんから、十分注意してください。

返済の可能性を探るためには、さらに自分の返済能力を計算してみることが必要です。

そのためには自分の月々の収支を計算する必要があり、収支が返済シミュレーション機能で計算した返済額を上回る黒字になっているかで返済の可能性を判断することができます。

ただし、返済の可能性はできるだけ客観的に行わなければなりません。

返済能力を計算する際、自分の都合の良いように数字を操作するようなことがあったら、まったく当てにならない数字になってしまいます。

返済シミュレーションは返済額と返済期間を計算するだけ

返済シミュレーションが使えて一安心している人もいるかもしれませんが、返済シミュレーションは返済をシミュレートする機能であって、返済ができるようになる魔法のツールではありません。

返済シミュレーションを使ってわかるのは、月々の返済額と返済期間です。これだけでも、返済について考える時はかなり役に立つはずですが、返済の可能性を判断することはできません。

ですから、次に行わなければならないのは、自分の返済能力を計算することで、この計算の結果で返済額を支払っていくことができるかどうかを判断することになります。

自分の返済能力を計算してみよう

そこでまず自分の返済能力を計算してみましょう。

どうやって計算すればよいのかというと、まず自分の月々の収支を計算してみることです。そのためには1年程度遡って自分の月々の収入と支出を調べてみてください。

月々の収入と支出が分かったら、次の数式で月々の収支を計算してみましょう。

収支 = 収入 - 支出

会社員であれば収入は安定していて、支出も特別なものが無ければ、月々それ程大きな違いはないでしょう。ですから収支もある程度は安定している筈です。

自営業者などの場合、支出はそう変わらなかったとしても収入が安定していない可能性があり、それに伴って収支も上下している場合があります。そういう場合には収支が最小になるときを基準に考えましょう。

収支が計算出来たら、返済シミュレーション機能で計算した返済額以上の黒字があるかどうかを調べてみましょう。すなわち次の数式が成り立っていることを確認してください。

月々の収支額 ≧ 返済シミュレーション機能で計算した返済額

この式が成り立っていなければ返済できる可能性はきわめて怪しくなるということです。またそもそも収支額が赤字という時は、借入れを考えるのではなくて、支出を見直して、まずは収支をゼロか黒字にすることを考えなくてはいけません。

返済の可能性はできるだけ客観的に行うことが重要

この返済の可能性を考えるときに重要になるのは、できるだけ客観的に行うということです。

自分の意に沿わない結果が出たからと言って、例えば支出内容を操作して、一見返済できるようにしたとしても、まったく意味がないだけではなくて、あとあと自分の首を絞めることになりかねません。

そもそもここで行っているのは返済の可能性を計算することで、それは何のために行っているのかと言えば、返済ができなくなっては困るためです。

もし返済できないという結果が出たとしたら、その結果を受け入れて、借り入れを断念するか、返済できるようにするにはどうすればよいのかを考えることが重要です。

~自分のお金の管理を行おう~
本文では月々の収入と支出を調べろと簡単に言っていますが、収入は給与明細などで分かったとしても、支出の記録を取っている人は少ないかもしれません。しかし社会人として独り立ちしているか、あるいはこれから社会人になろうという場合、自分のお金を管理しておくことは大変重要です。将来大きなローンを利用する場合も、必ず役に立つはずですから、今日からでも自分のお金の流れの記録を残すことを習慣にしましょう。

返済シミュレーションが用意されていない時はどうすれば良い?

ただしカードローンの中には返済シミュレーション機能が用意されていない場合もあるので、その場合には返済の可能性の判断には十分注意しなければなりません。

この場合には、面倒などと言ってはいられませんからカードローンで採用されている返済方式をまず理解することが必要です。そうしないと月々の返済額も計算できません。

返済方式を理解したうえで、借入れから返済までを手作業でシミュレーションしてみましょう。方法さえ理解してしまえばそれ程難しいということはありません。。

中には返済シミュレーションが用意されていない場合がある

現在ではホームページがあるのが普通ですから、多くのカードローンがここで説明している返済シミュレーション機能を提供しています。

しかし、中にはこういった機能を提供していないカードローンもあるので、自分の利用しているカードローンのホームページを調べてみたが、そういうものは見つからなかったという人もいるはずです。

そういう場合はどうすればよいのでしょうか。中には大体の計算で済ませればよいという人もいますが、それでは狂いが生じてきて正確な月々の返済額や返済期間が分かりません。

ですから、時間はかかってしまいますが、自分で正確に計算してみることを勧めます。

まずは採用される返済方式を理解しよう

そこで、まずは自分が利用しているカードローンの返済方式を正確に理解することから始めましょう。

先程説明した通り、現在では残高スライドリボルビング方式を採用しているところが多くなっていますが、各カードローンでいつの時点の残高計算されるのか等が違ったりするので、よく確認しましょう。

もし現在返済中で、さらに追加で融資を受けるというような場合には、残高スライドリボルビング方式の段階が変わる可能性もあるので、十分注意しなければなりません。

面倒だと言って諦めてしまう人もいますが、分かってしまえばそれほど難しいことではありませんから、多少時間がかかっても、しっかり勉強してみてください。

自分で返済のシミュレーションを行ってみよう

返済方式が理解出来たら、自分で完済までの返済シミュレーションを行ってみましょう。

計算は一気に行うのではなく月々計算していけば良いので、それほど難解にはなりません。

一月分計算したら、返済した元金分を残高から差し引いて、翌月の計算を行えばよいだけです。

最終的に残高がなくなった時点で完済ということになります。これで返済月数も分かるはずです。

あとは先ほどと同じように自分の返済能力と比較して、返済の可能性を探ってみてください。

~返済できなければ自己破産も有り得る~
もし途中で返済できなくなってしまった場合にどうなるかというと、債務整理というものを行わなければなりません。債務整理は貸し手と借り手あるいはその代理人と、さらに必要な場合には裁判所にも入ってもらって契約を見直して、返済できるようにすることですが、最悪の場合自己破産で債務を帳消しにすることもあります。ただし、この債務整理をした場合、以後しばらくの間はブラックというレッテルを貼られてお金を借りることができなくなるなど、金融取引を行うには、かなり大きな支障が出ることになります。

ここでカードローンで提供される返済シミュレーション機能について纏めておきます。

  • カードローンは借金であり借りたものは返済する必要がある
  • 月々の返済額や返済期間を計算するために多くのカードローンでは返済シミュレーション機能が提供されている
  • 返済の可能性は返済額をシミュレーションしただけでは分からず自分の返済能力と比較して返済の可能性を判断する事が必要
  • カードローンによっては返済シミュレーション機能の提供が無いため返済の可能性を探るには自分で計算してみる事が必要

返済シミュレーション機能は便利ですが、それを利用しただけで返済できるような錯覚を抱く人がいるので、必ずここで説明した返済の可能性を探るということが重要だということを覚えておいてください。

閉じる
閉じる