自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローン返済を一つにまとめることは可能?おまとめローンの利点

カードローンというのは審査さえ通れば複数並行して利用することが可能で、概ね3件程度までは審査に通過できる可能性があります。ただし申込みはある程度間隔を空けながら1つ1つ申込むことが必要です。

複数利用に限りませんがカードローンを利用している場合、返済に窮してしまう事はあるもので、特に複数利用している時は、借りたお金を別のカードローンの返済に充てるというような事になってしまいます。

こういったことを続けると多重債務者になりかねないので、金融機関はお纏めローンと言うものを用意して複数のカードローンを一つにまとめることができるようになっています。

ただしこのお纏めローンにも審査があるので注意が必要です。

カードローンは複数並行して利用できる?3件ぐらいまでは可能!

カードローンは審査さえ通れば複数並行して利用することは特に問題なく可能です。

ただし、利用件数が増えれば審査での返済能力の評価は下がっていく事になる為、利用できたとしても3件までというのが普通で、それを超えてしまうと、金融機関の方も警戒して審査通過は難しくなります。

また申込みも一度に複数の申込みをしてしまうと、お金に困っていると考えられることになる為、審査通過は難しく、1件づつ間隔をあけて申込んでいく事になります。

カードローンは複数並行して利用することが可能?

カードローンを利用している人の中には、1社だけでは融資額が足りず、更に別からも借入れをしたいと考える人もいたり、用途別にもう1社借入先を作りたいと考える場合もあるようです。

実際にそういったことができるのかというと、カードローン側の考え方次第で、審査に通過できれば、複数のカードローンの利用が可能ということになります。

ただし、複数借入れする訳ですから、返済も月々複数になるため、返済能力の評価は数が増えるのに伴って返済能力を削ぐことになり、じょじょに審査は厳しくなっていきます。

【関連記事】

カードローンの複数利用はやめよう!返済地獄に陥る可能性大

3件目ぐらいまでは審査通過の可能性がある

金融機関側も利用件数が増えてきた場合、返済に支障が出てくることを懸念するようになるので、何件でも借りられるというわけではなく、カードローンごとに上限を決めているのが普通です。

カードローンの中には複数利用は認めておらず、既に別のカードローンを利用中の場合には、審査に通さないものもあります。

しかし殆どの場合には2件目、あるいは3件目までは認めるというのが普通で、4件目ということになると、まず審査に通してくれるところは無くなります。

ですから、すでに3件借りていて更に借り先を見つけようという場合には、審査通過は難しいでしょう。

申込みはある程度間隔を空ける必要がある

ただし、複数利用する場合の申込みは、それぞれある程度の時間的な間隔を置いて申込みをする必要があります。

複数同時に申込みをしてしまうと、審査の中で他のカードローンの申込みも並行して行っていることが分かってしまい、申込者はお金に困っているのではないかという判断が働いて、審査には通してくれません。

ですから2件目以降のカードローンは、まずは1件利用して6か月程度は間隔をあけて、本当に1件では融資額が足り無いと感じた場合に、申込みを行うものだと考えるべきでしょう。

~返済能力をどう評価すればよい?~
カードローンを複数利用する場合には、やはり利用数分の返済能力が必要です。そこで複数申込みを行う場合には、まずは自分が返済できるかどうかの確認を行っておきましょう。返済能力は月々どの程度の余裕があるかを計算すれば分かりますから、月々の収入と支出から収支を計算してみれば分かります。収支は次の計算式で計算できます。

収支 = 収入 - 支出

この収支で返済額がカバーできるかどうか計算してみましょう。

複数利用していると返済に行き詰る事がある!多重債務者まっしぐら

しかし、複数のカードローンを並行して利用した場合、1件だけ利用するよりも返済負担は大きい訳ですから、返済できなくなる可能性はその分高くなってしまいます。

特に複数のカードローンを利用していて、他のカードローンで借入れたお金を返済に回さなければならなくなるような自転車操業的な利用を始めてしまったら要注意で、いずれ返済できなくなってしまうはずです。

もし返済できなくなったとすれば、利用しているカードローンは複数ですから、すぐに多重債務者ということになって、返済は非常に難しくなってしまうので、十分注意しなければなりません。

複数並行利用は返済に窮する可能性が高くなる

ただし、カードローンを利用していればたとえ1件であっても、返済に窮する場面というのは出てくるものです。

それが複数になれば、そういった場面はその分増えますし、窮するにしても、数が増えれば増えるほど深刻度が深まる可能性が高くなっていきます。

さすがに借入れ当初は返済のことをよく考えて他の支出を調整してでも返済に行き詰らないように気をつけるものですが、段々慣れが出てきて、あまり気を使わなくなってしまうものです。

そうなると、行き詰ってしまう可能性も増えてくるもので、本来であれば気を引き締める必要がある時期に、返済不能になってしまうようなことも有るのです。

他のカードローンの借入れで返済するようになったら要注意

返済不能になる一種のサインとなる注意事項があるので説明しておきましょう。

返済というのは本来は自分の収入の中から行っていかなければなりません。しかしそれが難しくなってくると、或るカードローンからの借入れを、別のカードローンの返済に回すようになることがあります。

これが続くと、一種の自転車操業的に借りては返すというような悪循環に陥ってしまうようになります。

当然ですが、そんなことが長続きする訳もなく、借入額が徐々に増えていって、上限まで借りた時点で、この悪循環は回らなくなってしまいます。

つまり他からの借入れを返済に回すようになったら、返済に行き詰るサインだと考えてください。

返済できなくなれば多重債務者と言うことになる

もしこういった悪循環に陥ってしまって、借入れできなくなってしまった場合には、更に借入先を増やすことを考えますが、それも4件目以降は審査通過は無理ですから、結局借りることができなくなります。

そうなると複数のカードローン全ての返済ができなくなってしまって、いわゆる多重債務者という状態に転落してしまいます。

1件だけの債務であっても、返済できなくなることがあるのに、複数の債務を抱えてしまっては、返済は非常に厳しいことがわかるでしょう。

こういう状況になったら自分も苦しいですが、返済が滞ることによって金融機関も利益どころか赤字になってしまうために、大変な迷惑をかける事になってしまいます。

~返済できなければどうなるか~
もし返済できなくなってしまった場合には、金融機関は回収に乗り出しますが、返済が難しい場合には債務整理を行うしか方法はなくなります。債務整理というのは利用者と金融機関、場合によっては裁判所も含めて当初の契約内容を見直して返済できる方法に変えることを言います。しかし状況によっては返済が難しいと判断してもらって、自己破産によって債務を帳消しにしてもらう場合もあります。

複数のカードローンは一つにまとめることができる!お纏めローンとは

こういった状況の人に大変ありがたいローンがお纏めローンというもので、複数借入れしているローンを借り換えを行う事によって一つにまとめてしまうという金融商品で銀行や大手消費者金融が提供しています。

もしこのお纏めローンを利用して利用中のカードローンを1件にできれば、月々の返済も1件ということになるので、返済を非常に楽に行う事ができるようになります。

ただし、このように多重債務者寸前の人には大変ありがたいお纏めローンですが。これもローンですから、申込めば誰でも利用できるわけではなくて、やはり審査があり、これに通過できなければ利用できません。

複数利用者には有難いお纏めローンとは?

そこでこういった複数のカードローンを借りてしまって、返済に窮してしまっている人向けに用意されているのがお纏めローンというものです。

このお纏めローンというのは、要するに複数のカードローンを別のカードローンに借り換えて1つに纏めてしまえば良いとい考え方から提供されるようになったものです。

現在このお纏めローンあるいはお纏めローンとしても利用できるカードローンは大手銀行や大手消費者金融等が提供しています。

複数利用している人は、どういったものがあるのか調べてみる事から始めてみましょう。

カードローンをまとめることができれば返済は1件にできる

ではカードローンをまとめることで何がうれしいのでしょうか。借り換えですから、借入額が減る訳ではありません。債務の総額は変わらないのです。

しかしそれまで複数の借入が有って、月々夫々に返済しなければならなかったわけですが、借入先を1件に絞ったわけですから、返済は月々1件だけにすることができます。

例えば月々5000円の返済を3件持てば月々15000円の返済になりますが、1件だけになれば月々5000円の負担で済むわけです。

もちろん複数の借入れを合計する訳ですから、借入額は高額になる為、1件でも返済額は高額化する可能性はありますが、それでも3件合計よりも返済しやすくはなるはずです。

ただしお纏めローンにも審査があるので要注意

ただし、このお纏めローンもローンであることに違いはありません。

つまりローンですから申込みをすれば審査が行われる訳です。特にお纏めローンと言うのは複数のカードローンの借入残高の合計額の借入れが必要ですから、当然借入額は高額化することになります。

お纏めローンの借入額は次のようになります。

借入額 = Σ(各カードローンの借入残高)

したがって、審査を受けるにしても、少額の審査とは違い、借入額にもよりますが、審査は厳しくなると考えなければなりません。

したがって、お纏めローンが救世主のように見えたとしても、実際に自分が使えるという保証はない訳です。

まずは自分の現在の借入れの契約書などをもって、お纏めローンを提供している金融機関に行って相談してみてはいかがでしょうか。

~まとめた後も注意が必要~
お纏めローンでまとめたらもう安心なのかと言えば、そうとも言い切れません。複数の借入れを1つに纏めるわけですから、本文でも触れていますが、借入れは1件としては高額化します。高額の借入れをしたとすると返済はかなり長期化することになります。返済が長期に渡れば、1件だけといっても返済に困ることが無いとは言えません。安心するのではなくて気を引き締めて返済していかなければならないのです。

安易な借入れはしない様にしよう!まずは借りずに済ませることが重要

ただし、そもそもの問題は安易に借入れ件数を増やしていったことが問題の根本ですから、そうならないための方策を考えることが必要なのです。

そこでまず改めてほしいのが、お金が必要になったと思った時に、安易に借入れを考えるのではなくて、なんとか遣り繰りで凌ぐことはできないかということを考える癖を付けることです。

そしてそれを可能にするには、自分が何にお金を使っていて、遣り繰りできる部分はどういう部分があるのかを、見つけられる状態にしておくことです。

そのためには日々支出内容を記録に残すことがが重要です。

安易に借入れを増やすことが問題

カードローンをまとめるのは既に複数借入れしてしまっていて、返済が苦しくなっている場合の、いわば緊急避難的な措置ということができます。

しかし考えてみれば、そういった自分では返済が厳しい状態になってしまったことに根本的な問題があるのです。

返済が厳しくなるというのは、要するに複数借入していることが原因で、借入れする時点では、安易に返済を増やしても大丈夫だろうなどと考えてしまいますが、実際には返済はできなかったということです。

つまり、自分の返済能力では複数の返済は無理だったという事になり、借入時の返済能力の評価に失敗していた訳です。

まず必要なのはできるだけ借り無くで済ませること

そこでお金を借りようという場合どのように考えればよいのでしょうか。

カードローンと言うのは比較的借り易いローンですから、安易に利用数を増やすこともできますが、こういったローンができる前のことをまず考えてみましょう。

そういった時代ではお金を借りるのに担保や保証人が必要だったため、なかなかお金を借りるというのは難しかったのです。

しかしお金が必要な状況になるというのは何時の時代でも同じで、以前だってお金は必要だったのです。

ところが借入れは難しかったために、多くの場合には、いろいろな知恵を巡らせてお金の遣り繰りを行い、借りずに済ませる方法を考えたもののです。

こういった知恵を巡らすことを最近は行わずに安易に借入れをしてしまうようになってしまったわけですが、現在でも知恵さえ使えば実は借りる必要のない場面というのは同じようにあるのです。

ですからお金を借りようと考えた時は、無駄な借り入れをしないように、まず借りずに済ませるにはどうしたらよいのかに知恵を巡らせてみるようにすることが重要です。

自分のお金の管理はできていますか?

そしてこういった場合に、知恵を巡らす為の情報として重要になるのが自分のお金の情報です。

昔から、家計の管理には家計簿をつけることが大変重要とされていましたが、最近ではこういった管理をしていない家庭も多く、実際にどのようなことにお金を使っているのかわからない場合も少なくありません。

しかしもしそういった場合、お金が足りないからといって借入れしてしまっても、何に使ったか分からないうちに借りたお金が無くなってしまうことになってしまいます。

また、どういった遣り繰りができるのかを検討する場合も、何にお金を使っているのかわからなければ、どんな支出が減らせるのかの検討もできません。

ですから、無駄な借り入れを防ぐためにも、自分のお金の管理ができていない場合には、今日からでも記録を残して管理を始めるようにしましょう。

~自分の収入内で生活することが基本~
最近ではデフレが一段落しましたが、長期のデフレで一時期よりも収入が下ってしまったという人は多いはずです。そこで自分の生活を考えてみましょう。収入が多かった時の生活を維持しようとしていないでしょうか。そうすると様々な部分で無理が生じてお金を借りなければならなくなることも出てきます。しかし生活というのは自分の収入内で行うのが基本です。お金を借りながら生活レベルを維持している場合には、生活を見直して、自分の収入内で生活できるようにすることが必要です。

ここで複数のカードローンを一つにまとめることについて纏めておきます。

  • カードローンは3件ぐらいまでは複数並行利用が可能
  • カードローンを複数利用していると返済に行き詰る可能性もそれだけ増える
  • お纏めローンを利用すれば複数のカードローンを一つにまとめることができる
  • 重要なのは安易な借入れをせず借りずに済ませられないかを考える事

カードローンは利用を続けていれば利用限度額を増額してもらえる可能性もあるので、複数利用を考えた時は、まずは利用限度額が増額できないかを考えるようにしましょう。

閉じる
閉じる