自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

審査が甘いカードローンは本当にあるの?甘いと感じるのは人それぞれ

カードローンの審査には難易度があると言われており、利用者はできれば審査が甘いもののほうが良いと考えることが多いようです。

しかしそうやって甘いものを選んでも実際には審査否決になる人がいない訳ではありません。

ではこのカードローンの審査が甘いか厳しいかという情報はどこから来るのかと言えば、金融機関ではなく主にネット上の口コミ情報が元になっています。

この口コミ情報の根本的な問題は、他人の体験談に基づいていることで、他人の体験が申込者自身にも当てはまる保証はありません。

結局審査の難易度というのは申込者の状況によって違ってくるため、自分自身の状況をもとに審査通過の可能性を考える必要があるのです。

カードローンの審査の難易度とは?審査が甘いという判断は難しい

カードローンには審査が甘いところと、厳しいところがあると言われ、一般的には消費者金融よりも銀行の方が厳しく、それぞれの中でも甘いところや厳しいところと言う情報が飛び交っています。

このため利用を予定している人の場合、あまり審査が厳しいところは審査通過が不安になり、こういった情報には敏感にならざるを得ません。

しかし、実際のことを考えてみると、審査が甘いと言われるところで否決になったり、審査が厳しいと言われるものでも可決になる人がいることは特に珍しいわけではありません。

カードローンには審査に難易度が有ると言われている

カードローンを申し込むと気になるのが審査に通るかどうかでしょう。そもそも審査に通らなければ利用できない訳ですから、気になって当然です。

そこでちょっと調べればわかるように、審査にはカードローンそれぞれで難易度があります。

つまり審査通過が難しいものと、審査通過が甘いものがある訳です。一般的に言えば金融機関によって次のような序列があります。

(難)銀行 > 大手消費者金融 > 中小消費者金融(甘)

つまりこれで行けば銀行のカードローンの審査に通りそうにない場合は大手消費者金融のカードローンなら可能性があることになります。

さらに大手消費者金融のカードローン通りそうにない時は中小消費者金融のキャッシングを申し込んだ方が無難と言えるでしょう。

ただし難易度というのは銀行間でも、消費者金融間でもあるので、実際にはさらに細かい序列があることになります。

利用予定者は審査が甘いと言われるものを見つけようとする

そこでカードローンの利用を予定している人は、こういった情報を使ってできるだけ審査が甘いと言われるようなカードローンを見つけようとします。

安定した収入が有ってそれなりの年収がある人の場合には、銀行の中で審査の甘いところを、年収がそれほど多くなかったり、安定性に問題があるような人は大手消費者金融に目を向けたりするはずです。

さらに以前銀行のカードローンの審査に落とされたりした場合には、次は大手消費者金融の利用を考えたりすることもあるはずです。

【関連記事】

カードローンの融資上限は年収の1/3よりも更に少額!?実際の利用額

審査が甘いと言われていても審査に落ちる人はいる

ただし、現実を考えた場合、そうやって甘いところを狙ったはずが、審査に落とされてしまったという例は珍しくありません。

そもそも審査通過率から言えば、銀行でも大手消費者金融でも申込者のうち半数も審査に通っていません。

つまり、難易度を考えて申込んでいる割には、あまりその効果があったということにはなっていないようです。

ですから、ここでは本当に審査が甘いと言われるカードローンを申し込んだ方が良いのかどうかを考えてみましょう。

~どこに行っても審査に落ちる場合もある~
いろいろ考えたとしても、どうしても審査に通らないという人がいます。そういう人の場合ブラックになっている可能性があります。例えばかつてローンの返済が滞ったとか、電話代などの各種支払いが滞ったとか、あるいは債務整理を行ったとかの経験はないでしょうか。そういう人は、そういった問題が信用情報に記載されているため、しばらくの間はブラックと呼ばれ、ローンの審査には通りません。

審査が甘いという情報はどこから来るのか?多くは口コミ情報

ではカードローンの審査が甘いとか厳しいというような情報はどこから出てくるのでしょうか。

金融機関は自分の所の審査の内容は表に出しませんし、審査が甘くなっているか厳しくなっているかというようなことも、公表するようなことは絶対にありません。

甘いとか厳しいとかいう難易度についての情報というのは、実はインターネット上にある、実際に利用した人が情報を投稿している口コミ情報などがもとになっています。

しかし、口コミ情報はすべてが真実かどうかの保証は有りませんし、偽の情報で誘導されることもあるという問題があるので利用には十分注意が必要です。

金融機関は審査が甘いかどうかというような情報は発表していない

そこでなぜ審査が甘いと言われるカードローンの審査に落ちてしまうのかを考えてみましょう。

まず考えなければならないのが甘いと言われる審査情報はどこから出てきているのかということです。

もし金融機関が審査基準を発表していて、これを比較検討して甘いとか厳しいと言っているのであれば、その情報の信ぴょう性は非常に高いと言えるでしょう。

しかし金融機関は審査基準を公開していませんし、自分の所の審査が甘いだの厳しいだの言っているところもありません。

つまり審査が甘いという情報は金融機関から出たものではないということになり、はっきり言って信ぴょう性に疑問符が付くわけです。

甘いという情報はインターネット上にある口コミ情報が元になっている

ではこの甘いという情報はどこから来たのかということになりますが、実はインターネット上にある口コミサイトがもとになっていて、さらにそれらの情報をまとめた情報サイトなどから出てきているのです。

この口コミサイトというのは、インターネット時代を迎えて誰でも書き込みができる機能を利用して、様々なテーマで自分の意見を書き込めるもので、現在のSNSも元々はこういった発想からできたものです。

この口コミサイトにはカードローンについての投稿が行われるものもあって、その中では自分の体験に基づいて審査が甘いとか厳しいという話を読むことができます。

こういったサイトがあれば情報収集には大変便利と考える人も多いのではないでしょうか。

口コミ情報の問題点

しかし便利そうに見える口コミサイトですが、その中の情報には次のような3つの種類があります。

  • 真実を述べているもの
  • いたずら目的で架空の体験談を述べているもの
  • 嘘の情報を流して利用者を誘導しようとするもの

誰でも投稿が可能な訳ですから、当然真実だけではなく嘘の情報も含まれているわけです。

しかも、読み手にはなかなかどれが真実でどれが嘘なのか分からないところに大きな問題があります。

ですから口コミ情報を読むときには、そういった嘘の情報が含まれているという前提で読まなければ、判断を間違う可能性も出てくるということになります。

~金利が客観的に難易度を示している~
審査の難易度を判断するのは難しいですが、1つだけ客観的に難易度を示しているものがあります。それは金利です。通常金利というのは信用が大きい人ほど低くなるので、金利が低くなるほど審査は厳しくなります。逆に言えば金利が高いほど審査は甘くなることが予想できるわけです。

審査は申込者夫々で行われる!他人の体験が当て嵌まるとは限らない

ただし、口コミ情報の問題はこれだけではなく、真実を述べているにしても根本的な問題があります。それは口コミ情報は他人の情報だということです。

人にはそれぞれ、置かれた状況というものがあり、それによって審査での評価もそれぞれで違ってくる可能性が高くなります。したがって審査の結果も人それぞれ違いがあり得るということです。

ですから、他人の体験談をもとにしたような情報が自分にも当てはまると考えるには無理があります。

つまり、誰かが審査が甘いと判断したとしても、自分には審査が厳しかったということが有っても、別におかしなことではないのです。

口コミ情報には根本的な問題がある

口コミ情報の問題点はわかっていただけたと思いますが、この口コミ情報には更に根本的な問題があるのです。

いま口コミ情報にある情報がすべて真実だと仮定してみましょう。そうすれば、審査が甘いという情報はより確実性が増し、そういうところを申し込めば間違いなく審査に通過できると考えるかもしれません。

しかし、実際にはそうはならないはずです。それは口コミ情報の中には他人の体験情報しかないからです。

要するに審査が甘いという人は、そのカードローンの審査に通過できたということで、厳しいという人は通過できなかったということを表しているにすぎません。

誰かが通過できたから他の人も通過できると考えるのは無理があります。

人にはそれぞれ置かれた状況が有る

人にはそれぞれ置かれた状況というものがあります。例えば年収が同じ300万円でも、月々安定して入ってくる場合もあれば、入ってくる時期が一定していない人もいるわけです。

そういった場合、前者が審査が甘いと言っていても、後者が審査に通るかというと、ちょっと怪しくなってきます。

このほかにも様々な環境で生活していて、それぞれ違うわけですから、何が審査に幸いして、何が審査の足を引っ張るのかは、わかりません。

ですから安易に甘いという言葉を信用して申し込むのは危険ということがわかるでしょう。

他人の体験談が自分にも当て嵌まるとは思わないほうが無難

つまり、他人の体験談をいくら読んでも、その体験談が自分にも当て嵌まると思うのは止めた方が無難なのです。

ですから、カードローンを選ぶ場合には、インターネット上にある甘いとか厳しいというような情報ではなく、自分にとって使いやすいかどうかで選ぶべきです。

あくまで主役は自分であることを忘れてはいけません。他人の意見ではなく自分の考えで選ぶことは良いものを選ぶには非常に大切なことではないでしょうか。

審査を気にしすぎて、他の意見に流され、使いにくいものを選んでしまっては本末転倒です。自分が長期間使うものですから、時間をかけて自分の目線で良いものを選びましょう。

~ランキング情報も信用しすぎてはいけない~
インターネット上には様々な観点から、お勧めのカードローンをランキング形式にまとめて紹介しているランキングサイトのようなものもあります。しかしこういったサイトの多くは、実際のランキングではなくて、カードローンを提供している金融機関から謝礼をもらうために申込者を誘導しているのです。ですから、あまりこういったサイトも信用しすぎるのはよくありません。やはりどういったランキングであっても自分本位で選ぶことが重要です。

審査の難易度は人それぞれで違う!自分の通過の可能性で判断すべき

したがって、審査の難易度というのは、置かれた状況によって申込者ごとに違うと考えたほうが無難です。他に頼る情報がなかったとしても、信じすぎるのは止めましょう。

このため誰かが甘いと言っている情報が有ったとしても、自分にはどうかと考えることが必要になる訳です。自分の置かれた状況というのは自分が一番分かる訳ですから、自分なりに判断しなければなりません。

ただし、もし口コミ情報が否定的な情報ばかりという場合、ここで言えば審査は厳しいと言っている人ばかりという時には、敢えて危険に近づく必要はないので、そのカードローンは避けたほうが良いでしょう。

審査の難易度は申込者毎に違うと考えよう

ただし、この話は審査に難易度が無いと言っているのではなく、難易度はあるが、それは申込者ごとに異なると言っているのです。

ですから誰かにとっては審査が甘く感じられたとしても、別の人にとっては厳しい審査になることもありますし、カードローンのよっては全く逆になる可能性もある訳です。

このため最初の方で指摘したように甘いと言われている審査に通らなかったり、厳しいと言われる審査に通るといったことがあるのもまったくおかしなことでは無いのです。

審査の難易度の評価はあくまで目安にし自分の通過の可能性を考えよう

ですから審査の難易度についての情報というのは、読んだとしてもあくまで参考程度のものと考えるようにしましょう。

ではどのように審査に通りやすいカードローンを選べばよいのかといえば、先ほども言ったようにあくまで自分基準に考える必要があります。

自分の返済能力や信用に問題がないのであれば、たとえ審査が厳しかったとしても、通過できない訳ではありません。

よく自分の状況というものを考えて、審査通過の可能性を判断するようにしてください。

ですからカードローンは時間をかけて最適なところを見つける必要があるのです。安易に選んでしまうと審査通過はその分難しくなると考えてください。

口コミ情報を信用した方が良い場合がある

口コミ情報は参考程度にと言いましたが、一つだけ信用した方が良い場合があります。

それは口コミ情報が悪評ばかりの場合です。口コミ情報というのは大勢が投稿するものですから、大概の場合、良い意見と悪い意見があるものです。

ここで言えば甘いという意見と厳しいという意見は、拮抗するかどうかは別にしても両方に意見をそれなりに見つけることが可能なものです。

ところが、投稿されている意見が悪評ばかりというのは極めて異常です。ですから、本当に審査が厳しいかどうかということはさておき、何らかの問題があることが予想できます。

したがって、そういうことが分かっていながら敢えて申込みをする必要はありません。

本来の趣旨からは逆なのかもしれませんが、口コミサイトの有効な利用方法と言えるでしょう。

~信用情報とは~
本文でも触れていますが、過去の金融取引は記録に残っていて、その記録を登録しているのが信用情報というデータベースで、金融機関は取引のある利用者の情報をこのデータベースを使って共有しています。

ここで審査が甘いカードローンについて纏めておきます。

  • カードローン、の審査には難易度が有り申込者は審査が甘いものを探す傾向がある
  • 審査が甘いという情報は金融機関ではなく利用者が投降した口コミ情報がもとになっている
  • 口コミ情報にある他人の情報が自分にも当てはまるとは限らない
  • 審査の難易度というのは申込者それぞれで違うと考えるべき

審査が心配と言うのであれば、借りないという選択肢も考えてみましょう。生活というのは自分のお金の範囲内で行えるのが一番です。借入れせずに済ませられるのであれば、それに越したことは有りません。

閉じる
閉じる