自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンの総量規制って何?融資の上限は年収により決まっている

カードローンの利用限度額は、各カードローンの最高融資額である貸出限度額内で、それぞれの利用者毎に行われる審査での信用評価によって決定されることになっています。

ただし、利用限度額には貸金業法の総量規制という上限が決められており、最高でも年収の3分の1までしか上がりません。ただし、年収が少ない場合には、例外規定があり一定額までの融資は認められています。

銀行の場合には貸金業法が適用にならないため、法的な上限は存在しませんが、やはり内部規定によって年収にリンクさせる形で融資できる上限が決められている為、貸出限度額まで借りられる訳ではありません。

さらに当初は信用評価も低いため、利用限度額はこの上限にも達しないのが普通です。

カードローンの利用限度額はどう決まる?金利と共に審査で決定される

カードローンにはそのカードローンで融資できる最高額である貸出限度額が決められています。各利用者には、この貸出限度額内でそれぞれ利用限度額というものが決められ、この範囲内で融資が利用できます。

カードローンは申込みを行った後、審査が行われ、融資するかどうかが判断されますが、融資を行うと判断した場合、審査の中で利用限度額が適用される金利とともに決定されることになります。

この利用限度額は審査で行われる信用評価によって決められ、この信用評価というのは、利用者と金融機関とのお付き合いの度合いによって決まり、お付き合いが深いほど評価が高くなって、高額利用ができます。

【おすすめの記事】

カードローンの利用限度額が決まる基準。借入額を増やしたい人へ

各カードローンには貸出限度額がありその中で利用限度額が決められる

カードローンを借りようという場合、いくら借りられるのか気になる人は多いでしょう。

その時に理解しておきたいのが限度額についてです。簡単に説明するとカードローンには次の2つの限度額があります。

  • 貸出限度額
  • 利用限度額

このうち貸出限度額というのは、そのカードローンで融資できる最高額のことで、各カードローンに1つしかありません。

カードローンを調べた時に500万円までとか800万円までと言っているのはこの貸出限度額のことです。

これに対して、各利用者がいくらまで融資が利用できるのかを決めているのが利用限度額と呼ばれるもので利用者ごとに違ってくることになります。

したがって利用限度額というのは貸出限度額を上限にして、その範囲内で決められることになる訳です。

利用限度額は金利とともに信用審査によって決定される

では利用限度額というのはいつどのようにして決まるのかというと、これは審査の中で決められています。

審査というのは融資するかどうかを決めるものだと思っている人も多いかもしれませんが、融資するとなった場合に、利用限度額と適用される金利も審査中に決定されます。

カードローンの審査というのは概ね次のようなことが行われています。

  • 申込者の本人確認
  • 申込者の返済能力の評価
  • 申込者の信用の評価

そして利用限度額と金利が決まるのは信用の評価で、信用が高い人ほど高額の融資を有利な金利で利用できるようになるのです。

信用評価は金融機関と利用者のお付き合いで決まってくる

ではこの信用の評価というのはどのように行われるのでしょうか。信用の評価は通常次の2点で行われます。

  • 信用情報の確認
  • 申込者と金融機関とのお付き合い内容の評価

信用情報の確認では過去の金融取引の内容が確認され、例えばローンの滞納などが有った場合には、問題ありという事で審査自体が否決されます。

信用情報に問題が無ければ、次に申込者と金融機関のお付き合いについて調べられます。

以前から様々なお付き合いがあって問題になるようなことが無ければ、金融機関の信用評価は高くなります。

しかしカードローンで初めて利用するというような人の場合、お付き合いがありませんから、信用評価はゼロという事になります。

ここでの信用は社会的信用ではなくて、あくまでお付き合いの度合いで金融機関側が実際に感じている信用という事になるので、誰でも最初は信用評価はゼロなのです。

このゼロという評価で利用限度額や適用になる金利が決められることになる訳です。

~審査の難易度とは?~
カードローンの審査は審査基準で行われ、この審査基準によって難易度が決まると言われています。このためよく言われるように審査が甘いカードローンや厳しいカードローンというものが有る訳ですが、一般的な話題として言われるような一律に誰にも当てはまるような難易度は参考になりません。審査基準の難易度が甘いとか厳しいとかは申込者の置かれた状況で違いがあり、ある人にとっては甘かったとしても自分に当て嵌まるとは限りません。また逆にある人にとっては厳しいと感じる審査でも自分には甘く感じることもあります。したがってあまり世間で言われる難易度にこだわっても意味はないのです。

利用限度額には法的な上限が存在する!貸金業法の総量規制とは?

ここまでの説明では利用限度額は貸出限度額以内で決められるため、信用評価さえ高くなれば、誰でも貸出限度額まで借りられるようになると思ってしまいますが、実際には法的な上限があります。

この上限を決めているのが、貸金業法の総量規制という規定で、この規定では、基本的には年収の3分の1までしか融資してはいけないという事になっています。

このため、多くの人の場合とても貸出限度額までは借りられないという事になるはずです。

ただし、この場合収入が少ない人は幾らも借りられないという事になってしまうため、この規定には例外規定が有って、たとえ収入が無かったとしても少額の融資は利用できることになっています。

利用限度額には法的な上限がある

では信用の評価が高ければ利用限度額は貸出限度額に近づくのかと言うと、残念ながらそうとは限りません。実は金融機関が融資できるお金というのは法的な制限が付く場合があるのです。

簡単に言えば、法律による上限があると言うことで、金融機関は利用限度額を決める際も、この上限を超えて融資はできません。

このため金融機関は、他の金融機関からの借入れも考慮してこの上限を超えない範囲で利用限度額を決めなければなりません。

例えば、高額の融資を希望していて信用評価が高かったとしても、この上限を超えるような形で融資はできないので、希望通りには融資してもらえないということになります。

貸金業法の総量規制とは

この法的な規制というのは貸金業法の総量規制と言われるもので、金融業者が融資できるのは、他社も含めて原則として年収の3分の1までと決められています。

つまり年収600万円の人の場合法的な融資の上限は年収の3分の1ですから200万円までということになります。

逆に言えば、多くの大手金融機関のカードローンの貸出限度額である800万円まで借りようという場合には、必要な年収は3倍の2400万円という事になります。

まずは自分の上限がどのくらいになるのか計算してみてください。

総量規制には例外規定がある

この総量規制が厳格に適用された場合、例えばパートで年収60万円の場合融資の上限は20万円という事になってしまいます。

また家計を預かっている専業主婦は収入が無いので、融資の利用ができないという事になります。

このため、これではさすがに困る人もいるのではないかという事で、この総量規制には次の2つの例外規定があります。

  • 1社あたり50万円まで全社合計で100万円までは年収にかかわらず融資が可能
  • 専業主婦の場合には配偶者の了解のもと配偶者の借入れと合計して配偶者の年収の3分の1まで融資が可能

ですから、法的に言えば最大100万円までは融資が利用できる可能性があるという事になります。

~専業主婦のカードローンの利用は可能なのか?~
本文で説明しているように法的に言えば専業主婦でもカードローンの利用が可能ですが、実際にはやはり返済に不安があるため、専業主婦では申込めないものの方が多くなっています。このため、もし専業主婦でカードローンを探しているのであれば、時間をかけて申込条件で専業主婦でも申込可能と言っているものを探さなければなりません。

銀行には総量規制が無い?ただし年収による上限が無い訳ではない!

この貸金業法は貸金業者に適用される法律の為、銀行には適用になりません。したがって法的に言えば、銀行のカードローンであれば銀行の判断次第という事になり、貸出限度額まで貸しても構わない訳です。

しかし、銀行も愚かではありませんから、無理な融資は行う事はなく、やはり年収にリンクさせた形の上限を内部規定によって持っているので、やはり多くの場合には貸出限度額まで借りることはできません。

また銀行は融資しすぎて多重債務者を生む元になっているという批判を浴びているため、内部規定の見直しも行われており、今後審査が厳しくなり、融資上限も変わってくる可能性も無いとは言えません。

銀行には貸金業法は適用されない

この貸金業法はもともと消費者金融の前身であるサラ金を規制するために作られた法律で、現在でも貸金業者にしか適用されません。

ですからこの法律は銀行に適用されることはなく、銀行のカードローンの場合には貸金業法の規制である総量規制は適用になりません。

銀行に適用になる銀行法には、現在の所総量規制に当たる規制は盛り込まれていませんから、銀行の場合には法的な融資上限が有る訳ではありません。

このため法律的に言えば銀行の場合、審査での評価をもとに銀行が判断すれば幾らでも融資が可能という事になります。

銀行にも内部規定として年収にリンクさせた上限は存在する

しかし、銀行も例えば年収100万円の人に300万円融資するかと行けば、そんなお人好しな銀行は有りません。

法的に決まっているわけではありませんが、銀行もそれぞれやはり利用者の年収にリンクさせる形で、融資する上限を決めていて、その上限以上の融資は行わないことになっています。

幾らまで融資するかは銀行の考え方次第ですが、現在次の2つに分かれているようです。

  • 年収の2分の1まで
  • 年収の3分の1まで

どちらになっているかは各銀行で違っているので、より高額の融資を狙うのであれば年収の2分の1まで融資するという銀行のカードローンを選ぶ必要があるでしょう。

今後銀行の審査は厳しくなっていく

ただし、現在銀行は審査が甘く、融資しすぎていて多重債務者を生む原因になっていると批判を受けており、消費者金融のように法的な規制が行われる前に自主的な規制を行おうとしています。

このため、銀行の審査は今後厳しく行われることが予想され、融資額も見直される可能性があり、今後は年収の3分の1に集約されていく可能性も無いとは言えません。

借りる方も厳しいと感じるかもしれませんが、あとあと返済に困るようなことがないように、審査が厳しくなるのはある程度仕方がないと考えるべきでしょう。

~融資希望額によって申込時に収入証明書類が必要になる~
本文で説明したように総量規制や内部規定がある為、カードローンの申込みでは、消費者金融の場合50万円以上、銀行の場合は夫々決められた金額以上の融資を希望する場合収入証明書の提出が要求されます。申込みに必要になるかどうか事前に調べて用意しておきましょう。

実際に設定される利用限度額は上限よりもかなり少額になる!

先程信用評価はお付き合い次第と説明しましたが、カードローンの利用で初めてその金融機関を利用するという場合も少なくない筈です。この場合信用評価は非常に低くなってしまいます。

したがって、多くの場合には申込時は利用限度額は年収による上限よりも少額になります。

ただし、カードローンを適正に利用していく事によって、信用の評価というものは徐々に上がっていきますから、利用限度額も、増額申し込みを行う事によって、再度審査が行われ増額するかどうか判断されます。

ただし、この場合でも上限は先ほど説明した年収によって制限がありますから、高額融資を狙うのであれば、まずは年収を増やしていくことが必要です。

申込当初は信用評価が低く利用限度額も少額になる

先程説明しましたが、初めてその金融機関を利用するようような場合には、信用評価はゼロから始まります。

ただしゼロだから貸さないという事ではなくて、お付き合いがないので信用の評価ができないという意味のゼロで、まずは少しだけ利用してもらって、信用できる人かどうかを試すことになる訳です。

したがって、申込当初は法的な上限や内部規定による上限まで融資を行うというようなことはなく、利用限度額の設定はかなり低くなることになります。

50万円の融資を希望しても、審査次第では10万円台という場合もあるのです。

利用限度額は信用が上がるにしたがって徐々に増額される

ですから、カードローンを申込んだが利用限度額は非常に少額だったと悲観する必要はありません。誰もがそうなのです。

しかしそれでは将来的に足りないことも有るのではと心配する人も多いでしょう。

ところがこの利用限度額というのは利用を続けていれば、増額してもらう事ができるのです。

利用限度額を決めているのは信用です。この信用というのはカードローンを利用していても評価が変わっていきます。

長期間適正に利用を続けているという実績を積めば信用の評価は上がっていきます。そして、ある程度信用が上がれば、利用限度額の見直しも可能になります。

ただし、見直してもらうためには、再度審査を受けて、再評価してもらう必要があります。

このため増額を希望する場合には増額の申込みを行う必要があります。増額の申込みを行って信用評価が上がっていれば利用限度額は増額され金利は低くしてくれます。

このようにして利用限度額は少しづつ徐々に上げていくことができるわけです。

ただし増額審査は、改めて審査を行って信用の評価の結果で利用限度額を決めるわけですから、もし信用評価が下がっていた場合には、増額を希望したとしても減額される事も有るので注意しなければなりません。

高額の借入限度額を目指すのであれば年収も増やさなければならない!

ただし、もし自分はいずれカードローンの貸出限度額まで融資を利用したいと考えているような場合には、このような適正利用を続けているだけでは、いずれ年収による上限にかかってそれ以上には増えません。

利用限度額をさらに増やしていくためには信用を作っていくだけではなく、自分の年収も増やしていくことが必要です。

もちろん、カードローンは借金ですから、本来は借りない方が良いのは言うまでも有りません。

ですから金利を低くするために利用限度額の増額を申し込むのであれば良いですが、本当に高額の借入れをするというのであればあまりお勧めはできません。

もし何らかの目的が有って高額融資が必要という事であれば、もっと有利な目的別ローンの利用を考えるべきでしょう。

~借入れは返済の可能性を見極めてから行おう~
借入れというのは返済が行える前提で行われなければなりません。安易に借入れして後々返済が行えなければ、最悪自己破産することになります。したがって借入れを行う場合には、自分の収入と支出から月々どの程度の余裕があるのか見極めて返済額が用意できるどうか判断してからにして下さい。

ここでカードローンの総量規制について纏めておきます。

  • カードローンの利用限度額は貸出限度額内で信用評価によって決定される
  • 利用限度額には貸金業法の総量規制により年収の3分の1という上限がある
  • 銀行の場合には総量規制は適用にならないが内部規定でやはり年収の2分の1あるいは3分の1という上限がある
  • 申込当初は信用評価が低いため年収による上限に達するようなことはなく利用限度額はさらに少額になる

利用限度額が少額で不満が有っても、それが自分の今の信用だと考えて、ほかのカードローンからも借りようなどとは考えず、まずは与えられた範囲内で適正に利用できるようにしまよう。

閉じる
閉じる