自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンの申込前にお試し診断してみよう!本番とは違う事もある

カードローンは申込めたとしても審査に通過できなければ、融資を利用することはできません。このため申込者の多くは審査に通るかどうかが不安になり、場合によっては申込みを断念する人もいるようです。

そこでもし不安があるのであれば、まずはカードローンのホームページに用意されているお試し診断を利用してみましょう。お試し診断は実際に申込みを行う前に条件を入力して自分で診断するものです。

ただし、このお試し診断機能は、本番の審査基準のすべてを事前に行う訳ではないため、診断の結果と実際の審査結果が異なることも有り、その点については予め了解しておかなければなりません。

カードローンの審査では何が行われるのか?通過できるか不安

カードローンは申込条件を満たしていて、申込みができたとしても、その後に審査が行われるので、実際に利用できるかどうかは分かりません。ですから申込めても安心はできないわけです。

ではこのカードローンの審査では何が行われているのかと言えば、本人確認の他、返済能力や信用の評価が行われていて、審査中にこれらの中に何か問題が見つかった場合には、審査には通過する事はできません。

このため審査は申込者にとっては大変怖い存在という事になり、カードローンを申込む場合は、大きな不安を抱く人も多く、中には不安が大きすぎてカードローンの申込みができなくなっている人もいるようです。

カードローンは申込んだだけでは利用できない!

カードローンのコマーシャルを見ていると、申込みさえすれば、誰でも利用できそうに感じてしまいそうですが、実際にはそんなことはありません。実はカードローンを利用するのはそう簡単でもないのです。

まず、申込みをするには、それぞれ年齢制限や安定収入といった申込条件が決まっていますから、その条件を満たしている必要があり、申込みたくても申し込みができない人もいます。

さらに、この申込条件を満たしていたとしても、申込みの後には審査が行われて、この審査に通過できなければ、契約することはできずカードローンの利用はできないという事になるのです。

【関連記事】

無職でカードローンを利用できるケースとは?申し込み前にチェック

カードローンの審査で行われれる事

では、審査というのは何を行っているのかというと、実際には各カードローンごとに決められている審査基準に沿って、様々な確認や評価が行われることになります。

ではその審査基準というのはどのようなものなのかという話になりますが、この審査基準は公表されることはないため、詳細については分かりません。

ただし、概ねどういったことについて審査されるのかは分かっていて、次のようなことの確認や評価が行われています。

  • 申込者が本人である確認
  • 申込者の返済能力の評価
  • 申込者の信用の評価

実際の審査では、これらの項目について様々な方向から審査が行われることになります。

最近では、即日融資などと言う場合も多く、審査時間も非常に短縮化されていて、申込者の中には審査基準が少なくなっているのではないかと考える人もいますが、そうではありません。

現在では審査の多くがスコアリングシルテムを使って自動化されて早くなっているだけで、審査基準は全て確認や評価が行われることに違いはありません。

審査に通過できるかどうか不安に感じる人は多い

このようにカードローンを利用する場合には、この審査に通過できなければならない訳です。

このため、申込者の多くが、審査について不安を抱いていて、この不安が解消できないために、カードローンの申込み自体ができなくなってしまっている人も少なくないはずです。

ですから、事前にこういった不安が取り除ければ、カードローンの申込者も、もう少し増えるのではないかと考えられたため、金融機関の方も、これに対して対策が必要と認識する場合もありました。

~本当に借入れが必要なのかよく考えよう~
借入れするには本文で説明しているように審査に通過する必要も有って、不安を感じてしまいますが、借入れを考えた場合には、その前にぜひ行ってもらいたいことがあります。それはそのお金が本当に必要なのかを再度考え直してみるとこです。借入れしなければ不安を感じる必要もないのですから、自分の支出を見直して遣り繰りで凌げないかよく考えてみましょう。

不安が大きかったらお試し診断を利用しよう!正直な申告が必要

そこで金融機関の方も、インターネット経由で利用できるお試し診断機能をホームページに用意するところが増えてきているので、これを利用しすることを考えてみましょう。

このお試し診断は自分の名前を伏せて利用できるものも多く、収入などを入力すれば審査の通過の可能性を診断してくれますが、利用者の中には結果が気にいらないと入力情報を操作してしまう事があります。

しかし診断機能で情報を操作してしまうと、その結果はまったく信頼できないものになってしまいますから、結果がどうであっても正直に診断してもらって、その後どうするのかを考えることが重要です。

不安な場合にはお試し診断を利用してみよう

そこで金融機関の方もこういった不安を解消してもらうために、用意したのがお試し診断とか事前診断というもので、実際の申込みの前に事前に審査通過が可能かどうかの診断を行ってくれます。

これはインターネットが発達して誰でも、利用できる環境になったことから、カードローンのホームページ上から、必要な情報を入力して診断できるようにしたものです。

以前はこれを利用する場合も、氏名などの個人情報の入力が要求されていた時期もありましたが、最近では収入や他からの借入額など必要最小限の情報の入力で利用することができるようになってきています。

正直に条件を入力しないと意味のない結果になる

こういった仕掛けですから、入力情報を少しづつ変えて、診断を何度でも行う事が可能です。しかし正確に診断したいという場合には、自分の状況を正直に入力しなければなりません。

利用者の中には、いろいろ試して、良好な結果が出た時の入力情報を利用して、申込みをすることを考える人もいるのですが、これでは意味がありません。

審査というのは金融機関が実際に返済してもらえるのかどうかを判断するもので、それを嘘の情報でかいくぐったとしても、最後に困るのは返済できなくなる自分です。

また本番の審査では、お試し診断で行うようなことばかりではなく、別角度からの審査も無いとは言えませんから、嘘情報を入力してもバレる可能性が高く、これで信用を失って否決になるでしょう。

ですから入力する情報は正直でなければなりません。

お試し診断はどのように行われるのか

ではこのお試し診断というのはどういった仕掛けで行われているのでしょうか。

人によっては入力した情報を、実際の審査官が判断しているのだろうという人もいますが、金融機関はお試しの為に人員を配置するようなことはまずありません。

しかもお試し診断を利用してみれば分かりますが、ほぼ瞬時に診断結果が表示されますから、とても人の手を介していてはこういったことはできない事が分かるはずです。

実はお試し診断というのは、先程説明した審査を自動化している仕掛けであるスコアリングシステムを利用して自動的に診断して、結果を表示しています。

つまり即日融資と同じように、審査の自動化が進んだことによって実現できたサービスの1つというわけです。

~ホームページは隅から隅まで確認しておこう~
お試し診断もそうですが、カードローンのホームページには様々な情報や仕掛けが埋め込まれています。例えばお試し診断の他にも返済シミュレータ―なども事前に利用したいものです。ですからカードローンの利用を考えた場合には、ホームページを隅から隅までよく読んで利用できる仕掛けは利用して、カードローン選びに活用してください。

お試し診断の結果が審査結果と異なることも十分考えられる!

もう一つお試し診断を利用する上で注意が必要なのは、お試し診断の結果が、必ず本番の審査結果と一致するという保証が無いことです。

お試し診断で良い結果が出ても本番では駄目という事も有るのです。お試し診断では主に返済能力の診断が行われますが、本番の審査ではさらに信用の評価も行われるので、そこで結果が違う事も出てくる訳です。

このため診断の結果が良好であっても、審査に通過できない可能性があるという事になるので、お金が必要で融資の申込みを利用する場合、診断が良かったとしても借入れできない場合の事も考えておきましょう。

お試し診断の結果は実際の審査結果とは違う場合がある

このようにお試し診断を利用して、事前に審査の診断ができれば、不安も解消する人も多いでしょうが、残念ながらこの診断結果と実際の審査の結果が食い違うことが、絶対にないとは言えないので要注意です。

つまりお試し診断では審査通過の可能性が高いと出たとしても、実際に申込みをして審査を受けた場合、審査が否決になってしまう事がないとは言えない訳です。

ただし、それならお試し診断では審査通過が難しいと診断されても、実際の審査では通過の可能性もあるという事かと考える人もいるかもしれませんが、それは限りなく可能性が低いので淡い期待は止めましょう。

お試し診断というのはあくまで目安です。申込みの参考にするのは構いませんが、信じすぎて、否決という結果になった時に金融機関に抗議するようなことは止めてください。

お試し診断と実際の審査との違いとは?

でもお試し診断と言っても、先程の説明のように実際のシステムを利用して行うはずだから、何で結果が食い違うことがあるのか疑問に持つ人も多いでしょう。

そこで審査項目の所を思い出してください。本人が申込みをしているという前提であれば、評価の対象は返済能力と信用です。

このうちスコアリングシステムで自動化されている部分は、主に返済能力の評価の部分です。この評価で返済に問題なしという結果が出れば、お試し診断では審査通過の可能性が高いという結果になる訳です。

しかし、実際の審査ではもう一つ信用の評価が行われます。これは金融機関が利用者情報を共有している信用情報で、過去の金融取引がどのように行われてきたのかというような情報を調べることで行われます。

この信用情報に例えばかつてローンの滞納が有ったというような記載があれば、返済能力が良好であっても審査は否決になってしまいます。

審査に通過できなかった時のことも考えておくべき

したがって、お試し診断でいかに良い結果が出たとしても、実際の審査では否決になる可能性が絶対に無いとはいえないと考えなければいけないのです。

こう言ってしまうと不安を煽ることになってしまいますが、審査というものはそういうものです。

ですから、カードローンに限らず必要なお金を借りようという場合には、借りられない可能性もあるという前提で、後々のことを考えておく必要があります。

つまり、借入れを予定していたお金が入らなかった時にはどうすれば良いのかという対応方法を、予め考えておく必要があるという事です。

~審査通過率とは?~
ローンには審査通過率というものがあります。これは申込者数に対する審査に通過した人の数の割合を表します。カードローンの場合この審査通過率を公表しているのは大手消費者金融だけですが、それによると概ね40%台になっており、半数以上は審査に否決になっています。つまりカードローンの審査通過はそう簡単なことではないのです。

審査通過だけが問題ではない!実際に返済可能かどうか計算してみよう

診断通り実際の審査に通過できたとしても、やはりそれには問題があります。審査に通過できれば、すぐに融資を利用しようと考えるのが普通です。しかし借りたお金を返済できると言う保証はないのです。

ですから、すぐに借りたいと考えたとしても、まずは実際に返済していけるかどうか、自分の返済能力をできるだけ正確に計算して、自分が月々いくらまでなら返済していけるのかを把握しておきましょう。

さらに、カードローンのシンミュレーション機能を利用して、自分の借入れで月々いくら返済していく事になるのかを調べ、返済の可能性を判断してみましょう。

もし返済が難しい場合には借入れ自体を見合わせなければなりません。

審査に通過できても返済できる保証はない!

お試し診断を利用したりして、いろいろ心配しながらも、何とか審査に通過できたとして、さらに注意しなければならないことがあります。

審査に通過できたという事は金融機関は申込者に返済能力があると判断したという事になります。

しかしこれで実際に返済できるという事にはなりません。返済していくのは利用者の方です。

ですから実際に借入れをして返済しなければならなくなる前に、自分が返済していけるのかをしっかり検証しておく必要があります。

安易に借入れして返済が始まってから返済できないのでは話になりません。

例えば収入が月々100万円あったとすると、金融機関の審査では信用的な問題が無ければ通過できるでしょう。

しかし実際には月々100万円の支出があったとしたらどうでしょう。この場合返済に回せるお金は無いことになってしまいます。

こういったことを事前に確認しておく必要があるのです。

借入前には自分の返済能力を把握しておこう

そこでまず行っておきたいのが、自分の返済能力の把握です。自分は収入は多いと思っていても、先程の例のように支出も大きければ返済能力は無いことになってしまいます。

そこで、1年程度遡って自分の月々の収入と支出を調べてみてください。それが分かったら、次の計算式で月々の収支を計算してください。

月々の収支 = 月々の収入 - 月々の支出

この収支が、自分の月々の余裕という事になり、新たな支出となる返済がここから賄えるかどうかを調べることができます。

会社員などのように月々一定額の収入が有れば、季節的な支出の変動はあるでしょうが、収支もそれほど大きく変動するようなことはないはずです。

自営業者などは会社員程安定してはいないはずですので、収支が最低になるときを基準に判断するようにしましょう。

返済ができないような借入れはしてはいけない

次にカードローンのホームページにある返済シミュレーターを利用して、自分が月々どのように返済することになるのか計算して、月々の返済額を調べてください。

もし月々の収支が返済額に満たないような月が有ったら、その分はどこかから持って来なければなりません。このため節約したり事前に貯蓄しておくことを考えておく必要があります。

しかし、そういった月が頻繁にあるような場合には、返済はかなり厳しくなると考えなければならず、安易な借り入れはするべきではありません。

このように自分の返済能力を正確に把握して、返済について的確な判断ができるようにすることは、大変重要なことです。

最近では自分が何にお金を使っているのか管理ができていない人も多くなっていて、こういった的確な判断ができない人もいます。

しかしそういった人が、カードローンのような何にでも利用できるお金を借りたら、やはり何に使ったか分からないうちに借りたお金が無くなってしまうことにもなりかねません。

ですから今日からでも、自分の収入と支出を管理するようにしてください。最近ではスマホで簡単に管理できるアプリも有りますからすぐに始められるはずです。

~多重債務者になってはいけない~
カードローンを借りて、返済が難しくなってくると、更に別のカードローンを借りて、その借り入れを返済に回すというような人がいます。しかしそうなると翌月以降は返済が2つになり、更に苦しくなることは目に見えています。こうして返済できなくなると複数の債務を抱えた多重債務者になってしまうのです。そういったことが無いように、本文で説明しているように、借入れする場合には返済の可能性をしっかり判断してからにしてください。

ここでカードローンのお試し診断について纏めておきます。

  • カードローンの申込者は審査に通過できるかどうか大きな不安を抱く
  • 金融機関は不安を解消するためお試し診断機能をホームページに用意している
  • お試し診断で良好な結果が出たとしても必ず審査通過ができるというわけではない
  • 審査に通過できたとしても実際に返済できるかどうか事前に判断しておくべき

お試し診断は気持ちを落ち着かせるには良いツールですが、使い勝手までは判断できません。カードローン選びは自分の使い勝手もよく考えたうえで行うようにしてください。

閉じる
閉じる