自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

無職でカードローンを利用できるケースとは?申し込み前にチェック

カードローンには申込条件があり、通常は安定収入が無ければ申込みができない事になっているため、無職で収入が無い人の場合には、申込条件が満たせず、カードローンの利用はできません。

ただし、カードローンによっては配偶者に収入が有れば、家庭を支えるという意味で、配偶者の収入を世帯収入とみなして、融資額はそれほど高額にはならないものの、申込みを認めている場合があります。

もし申込みが難しい場合には、まず自分で稼ぐことを考えてみましょう。いきなり正社員というのは厳しい場合も多いでしょうから、パートやアルバイトを探しましょう。

しばらく続けられれば収入も安定してカードローンの申込みもできるようになるはずです。

カードローンには申込条件がある!収入が無ければ申込みは難しい

カードローンは誰でも簡単に利用できそうに見えますが、実際には申込条件が決まっていて、年齢制限や収入要件が規定され、これが満たされていない人は申込めません。

収入要件には通常安定収入があることが明記されています。安定収入は月々安定して収入があるという事を表しており、カードローンの返済ができる程度の収入が前提になっているという事を表しています。

このため、カードローンの場合、基本的に収入が無い無職に人というのは、この安定収入が有りませんから、申込むことができません。たとえ申込んだとしても、審査通過は難しいでしょう。

カードローンの申込条件とは?

カードローンはコマーシャルで盛んに宣伝されていて、それを見ていると誰でも利用できそうな錯覚を覚えますが、実際には、それぞれ申込条件が決められており、それを満たしていなければ、申込めません。

申込条件はそれぞれのカードローンで違いがありますが、どのカードローンでもほぼ共通して、挙げられているのが、次の2点です。

  • 年齢制限
  • 収入要件

年齢制限の下限は20歳以上でほぼ共通していますが、上限は65歳から70歳程度でそれぞれ違いがあります。

収入要件についてはほぼ表現まで一緒で、安定収入があることとなっています。

この安定収入というのは月々の収入が安定しているという事で、カードローンと言うのは会社員のように月々月給が入ってくる人を想定して作られていることが分かります。

安定した収入があることが申込みの前提!

ですから、収入が有ったとしても増減が激しかったりすれば、少ない時は返済できないかもしれないという事で、安定収入とはみなされず、審査通過が難しくなります。

さらに収入が無かった場合も、増減どころか、収入そのものが無い訳ですから、申込条件は満たせず、カードローンの申込みはできません。

また申込みを行ったとしても審査では再度収入について年収額や月々の収入の安定性が問われることになるので、審査通過は難しくなり、なかなかカードローンの利用はできないという事になるはずです。

【関連記事】

アルバイトでカードローン利用は可能!最低限クリアすべき審査条件

基本的に収入のない無職の場合は申込みはできない

では無職の場合はどうかと言えば、当然ですが、収入は入ってきませんから、申込条件は満たせず、カードローンの利用はできません。

無職でも不労所得などが有れば、可能性はありますが、その収入を証明しなければなりませんから、しっかり確定申告をして申告書の写しを残しておく必要があります。

そういうものが無く、例えば資産を処分しながら生活しているというような場合にはカードローンの利用は無理です。

以前は収入が無くても資産状況によっては消費者金融なら融資が受けらえたのですが、現在では貸金業法に総量規制というものができて、年収に見合った金額しか融資が行われなくなりました。

~貸金業法の総量規制とは~
貸金業法の総量規制というのは融資は原則として年収の3分の1までしか行えないというもので、例外として少額の融資はできることになっていますが、実際には収入が無いような人には貸してはくれません。

配偶者に収入が有れば申込める場合がある!融資額が限定される

ただし、カードローンによっては条件を満たしていれば無職でも申込みができる場合があります。これは配偶者に収入がある専業主婦(夫)の場合で、配偶者が収入要件を満たしている必要があります。

ただし、これは申込条件を満たしているというだけで、申込後に行われる審査に通過できなければ、利用することはできません。もちろんこの審査では配偶者の返済能力についてより詳しく評価されます。

また、この場合配偶者の返済能力が高ければ、高額融資も期待できると考える人がいますが、殆どの場合には、配偶者の収入にかかわらず、50万円が上限としているので、そう高額の融資は見込めません。

無職でも申込みができる例外がある

ただし、無職であっても例外的に申込みができる場合があります。

これはカードローンによっても違うので、申込みできる場合とできない場合がありますが、カードローンによっては配偶者に収入が有れば、融資しますという場合があります。

要するにこれは日頃生活を支えているような専業主婦(夫)への救済措置という事です。

この場合、世帯収入が有れば、無職の専業主婦(夫)でも返済するお金を作ることは可能と判断して、申込みを認めているわけです。

もちろん配偶者も無職という事になった場合には、申込条件を満たしているとはいえず、やはり申込むことはできません。

ただし利用できるのは審査に通過した場合のみ

ただし、これは単に申込みができるというだけであって、実際にカードローンを利用する場合には、この後行われることになる審査に通過しなければなりません。

先程触れましたが、審査では返済能力として収入が改めて評価されることになります。

その評価は次の2点で行われます。

  • 一定額以上の年収があること
  • 安定した月収があること

この場合、本人は無職でこの2点は満たせませんから、世帯収入のもとになっている配偶者の収入がこの2点を満たしているかどうかが評価されます。

この評価やその他の審査を通過できなければ、カードローンの利用はできません。

通常融資上限はそれほど高額にはならない

配偶者の収入はかなり高額なので、審査通過は間違いないし、カードローンの利用限度額も少なくはないはずだと考えている人もいるかもしれませんが、金融機関はそれほど甘くはありません。

最近のカードローンは利用限度額の上限が500万円とか800万円とか大変景気の良い数字が並んでいますが、配偶者の収入をもとにして利用する場合には、最高でも50万円が上限になっているのが普通です。

しかも、これは最高でという話で、実際に最初に設定される利用限度額は、更に少額で10万円程度と想定していたほうが間違いはありません。

要するに配偶者が背後にいるにしても、金融機関は大きな信用評価はしてくれないという事です。

~配偶者に事前に了解を取っておくことが重要~
配偶者の収入を前提にしてカードローンを利用する場合には、予め配偶者に了解を取っておくことが必要です。もし途中で返済できなくなると、配偶者の方が返済が迫られる可能性もあります。借入れする場合は、そういう事も考えて借入前にはよく相談して、了解を得ておきましょう。

まずはパートやアルバイトをしてみよう!自分で稼ぐことが重要

このように安定収入のある配偶者がいない場合には、無職ではカードローンの利用はできません。このため、もしお金が必要というのであれば、まずは自分で稼ぐことを考えたほうが早いでしょう。

この機会に会社員になるというのも1つの方法ですが、1日中拘束されるのはすぐには難しいというのであれば、パートやアルバイトという形で短時間働くという方法でも構いません。

とにかく短時間でも働けば収入は入ってきます。そして自分に合わせて安定的に働くようになれば、高額収入は無理でも安定した収入を得ることができ、必要があればカードローンの利用もできるでしょう。

お金が必要なら自分で稼ぐことを考えよう

もし安定収入を持つ配偶者もいないという事になってくると、無職ではなかなかお金を借りるのは難しくなってきます。

この場合には、お金を借りるという発想から、稼ぐという発想に変えていくことが必要です。

借りたお金は返済が必要になるので、無職では借りられない訳です。しかし労働の対価としてお金を受け取った場合には、返済の必要はありません。

ですから、自分で稼げれば、のちのち返済に行き詰って、自分の首を絞めることもないのです。

無職の場合、なかなか働きに出るのはハードルが高いですが、そう堅く考えず、できるところから始めてみてはいかがでしょうか。

パートやアルバイトなら短時間から始められる

そうはいっても、いきなり正規雇用で1日8時間拘束されるというのは、無職の人の生活から考えれば、かなり厳しいと言えるかもしれません。

しかし現在では8時間でなくてもパートやアルバイトという雇用形態も普通に行われており、まずはこういった雇用形態で仕事を始めてみることを勧めます。

こういった雇用形態なら、勤めに入る時間も自分の生活パターンから考えることができますから、始めやすいはずです。

慣れてくれば徐々に時間を増やして、月々の生活費程度が稼げるようにしていけるはずです。

また家から出るのは難しいと言うのであれば、パソコンなどを利用して、在宅で仕事をすることも可能ですから、自分の生活に合わせて、できる仕事を探しましょう。

しばらく続ければカードローンの申込みもできるようになる

このように仕事を行って、しばらく続けていくことができれば、大体の生活パターンができてきますから、金額はともかく、月々安定した収入になっていくはずです。

安定収入ができれば、先程説明したカードローンの申込条件を満たすようになり、申込みができるようになります。

もちろん収入が少なすぎれば審査通過は難しいですが、ある程度の年収が見込めるのであれば、審査通過の可能性も十分あります。

ただし、収入が有れば借入れの必要はないかもしれませんし、借入れが必要と考えても、収入の中で遣り繰すれば借入れは必要なくなるかもしれません。

このように、カードローンの申込みが可能だったとしても、まずは借りなくて済ませられないかを考える癖をつけるようにしましょう。

借入れというのは利息の支払いが必要になって、差し引き損失です。貴重な自分の収入ですから、安易な借り入れで損失を生むようなことは止め、本当に必要なのかどうかをしっかり判断し有効に利用しましょう。
~短期アルバイトは評価されない~
アルバイトには様々形態がありますが、雇用期間で短期アルバイトと長期アルバイトの2つに分けることができます。仕事を始める場合短期アルバイトの方が入りやすいですが、短期アルバイトは安定収入とはみなされませんから、仕事というものに馴れたら、長期アルバイトに切り替えて収入を安定させましょう。

返済できない借入れはしない!返済できなければ信用は崩壊する

カードローンの利用で注意が必要なのは、安定収入ができて審査に通過できても、それで返済できるとは限らないという事です。この為、カードローンの利用を考える時は返済の可能性を探らなければなりません。

そこで必要になってくるのが自分の返済能力はどのくらいあるのか、正確に把握しておく必要があります。収入が有っても生活費でぎりぎりだったというような人の場合、返済は厳しいでしょう。

もし返済ができなければ、最悪の場合自己破産という可能性もあるため、信用は崩壊してしまいます。そうなると以後しばらくの間はお金を借りることは難しくなってしまうので、十分注意しなければなりません。

カードローンが利用できるようになっても返済できなければ始まらない

配偶者がいるかあるいは自分で稼ぎを出して、それを基にしてカードローンを申込んで審査に通ったとしましょう。

しかし、そのまま借入れして返済できるかと言えば、それは分かりません。場合によっては返済額にあたるお金の用意ができないかもしれません。

カードローンと言うのは、要するに借金です。借金というのは返済しなければなりません。

カードでATMからお金を引き出すという形から、利用限度額が自分の預金のように考えてしまう人もいますが、それは間違いです。借りたものは必ず返済を迫られます。返済できないような借入れはしてはいけないのです。

自分の返済能力をしっかり把握しておこう

そのためには、借入れは自分の返済能力の中で行わなければなりません。

最近のカードローンは借入残高によって返済額が段階的に変わっていく場合が多いので、自分で返済できる借入れ上限をしっかり調べておく事が必要です。

そのためには、まず自分が月々どの程度の余裕があるのかを調べなければなりません。

そこで、家計あるいは自分のお金の月々の収入と支出を調べてみましょう。できれば1年程度前から調べてください。

収入を得るようになってからまだ1年経っていない場合には、収入が入るようになってからの分で構いません。

月々の収入と支出が分かったら、次の式でその差額を取って収支を計算します。

月々の収支 = 月々の収入 - 月々の支出

収支が計算出来たら、この収支が自分の月々の余裕という事になります。

余裕が分かったら、これを返済額と比較してみましょう。幾らくらいまで借りて良いのかが分かるはずです。

もし、最も少額の返済額ですら下回っていたり、そもそも収支が赤字だった場合には返済は難しいという事です。

そういう場合には借入れは見合わせなければなりません。

返済できなければ信用は崩壊してブラックになる

もし、無理に借入れした場合には、返済ができなくなる可能性があります。

返済できなくなったらどうなるでしょう。まず金融機関は督促状を出して返済を促すことになります。この時点で入金できれば大きな問題にはなりません。

しかしそれでも入金に応じなければ、金融機関は本格的に回収に乗り出すため回収担当から電話連絡が行われます。

もし返済の見込みがなければ、このあたりで債務整理をせざるを得なくなり、最悪の場合必要最低限を残して資産などを処分したうえで自己破産に追い込まれる場合もあります。

ここまで進んでしまうとその記録は信用情報に残ることになり、以後しばらくの間、どの業者に行ってもお金を借りることができないブラックという扱いを受けることになってしまいます。

要するに自分の信用が崩壊してしまうわけです。

~信用情報とは~
信用情報というのは金融機関がそれぞれの利用者情報を格納しておき、逐次金融取引状況等を格納して共有するためのデータベースです。金融機関はローンの審査の際にこの信用情報を参照して、これまでの金融取引上何らかの問題が無かったかを確認して、問題がある場合には審査を否決にすることになります。

ここで無職でもカードローンの利用ができるのかについて纏めておきます。

  • カードローンには申込条件があり収入が無ければ申込めず無職での申込みは原則できません
  • 例外としては配偶者に収入があり返済が見込めるのであれば無職でも利用できる可能性がある
  • 配偶者もいないという場合はパートやアルバイトで稼ぐことを考えるべき
  • 申込条件が整って審査に通過したとしても実際にカードローンを利用する場合には返済の可能性を見極めてからにするべき

最近ではフリーターなどと言って定職を持たない人も増えていますが、将来的にそういう形で生活していくのであれば、お金を借りるというような発想は持たずに生活を維持できるようにすべきでしょう。

閉じる
閉じる