自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンの資金使途が審査に影響!利用目的を明確にした活用術

カードローンは他の多くのローンとは違い事業性資金以外であれば資金使途を問われるようなことは有りません。しかしこれが安易な利用につながって、つい使い過ぎてしまう原因にもなってしまっています。

こういった安易に借入れしてしまうお金というのは、大概は借入しなくても済むような目的に使われるので、カードローンを利用して融資を引き出そうと思った時はまず借りなくて済ませることを考えましょう。

また資金使途としてどうしても必要なものというのであれば、無駄な利用を防ぐために借りたお金は当初の目的以外に流用する事が無いようにしっかり管理して、必要以上の借入れなどはしない様にしましょう。

カードローンは何にでも利用できるのが特徴!しかしそれが問題

カードローンと言うのは多くのローンのように資金使途が決まっているようなことが無く、事業資金を除けば何にでも利用できるフリーローンというものに分類されるローンです。

これは利用者側から言えば、大変使いやすいローンと言えますが、これが災いして、お金が足りなくなると安易に借入れを繰り返すことになり、ついつい借り過ぎてしまって無駄使いに繋がることになります。

したがって、何にでも利用できて使いやすいという面は裏返して考えると、使い過ぎないように利用はかえって難しいローンだと考えるべきなのです。

カードローンは事業資金以外なら何にでも利用できる

カードローンの利用者が増えていますが、カードローンは金利的に考えれば、他の目的別ローンなどに比べれば不利なのになぜ増えているのでしょうか。

これはカードローンに次の2つの特徴があるからです。

  • 何度でも借りたり返したりを繰り返すことができる
  • 資金使途が決められていない(フリーローン)

目的別ローンの場合一度借りたら後は完済まで返済だけが続き、しかも目的が決められていて、他には流用することができません。

しかし、カードローンは上限は決められますが、フリーローンですからその範囲内であれば目的を問われず何度でも借りたり返したりができて、生活費などには大変利用しやすいローンになっています。

ただし、あまり意識されていませんが、カードローンの説明資料に示されている通り資金使途は何でも構わない訳ではなく、事業性資金には利用できないことになっているので注意は必要です。

逆に言えば事業性資金を除けば何にでも利用できるということです。

何にでも利用できることが無駄遣いに繋がることになる

しかし、この何にでも利用できるというところが、カードローンでは最大の問題と言えるのです。

以前はお金を借りようとすると、担保だの保証人だのを用意しなければなりませんでしたから、大変面倒でそう簡単には借入れできませんでした。

ですからなるべくローンは利用しないように、本当に借入れが必要なのか、考え抜いて決めたものです。

そういう背景があるので、ローンで無駄使いなどが入り込む余地はまったくと言っていいほど有りませんでした。

しかしカードローンの場合には上限が決められているとはいえ、特に担保や保証人が無くても、ローンカードがあれば借入れが可能ですから、非常に簡単に、しかも何にでも利用できるので安易な利用も増えます。

要するに感覚的にはキャッシュカードで自分のお金を引き出すようになってしまい、本当に必要なお金なのかどうかということを、あまり深く考えずに勢いで借入れしてしまうのです。

このため使いやすいということが仇となってカードローンでは無駄使いにつながってしまう事が多々有るのです。

カードローンの利用は難しいと考えるべき

こういった無駄使いをしない様にするには、やはりお金を借りようという場合には、以前のように本当に必要なのかということをよく考えてからにするべきです。

ところがカードローンは説明したように非常に使い勝手が良いですから、お金が必要と考えた時に、なかなか深く考えることができません。

したがって、カードローンは利用方法自体は簡単かもしれませんが、利用すべきかどうかを決めることは他の目的が決まったローンに比べて、非常に難しいローンなのだという認識を持つことが必要です。

もちろん資金使途自由という特徴を有効に利用することは生活を豊かにしてくれるかもしれません。しかし借り過ぎて、後々返済に困るようなことがあっては逆に生活を圧迫することになるのです。

ですから利用しようと思った時には、まずは必要性を考えることを忘れてはいけません。

~事業資金の場合は事業者向けカードローンを利用しよう~
自分は個人事業者で事業でも簡単に借入れできるカードローンを利用したいという場合には、一般向けのカードローンでは本文で説明しているように利用が禁止されています。

そこで事業者向けのカードローンの利用を考えましょう。これであれば事業で利用することができます。但し生活費などには利用できないので、しっかり使い分けを行わなければなりません。

最もお得なのは借入れしない事!まずは借りなくて済ませる事を考える

カードローンは何にでも利用できるということで利用しやすいと考える利用者が多いのですが、よく考えてみると、実際のは他の利用目的が決まっているローンに比べて金利が高いという欠点があります。

このため安易に借入れを繰り返すと、利息を他のローンよりも余分に支払わなければならなくなり、損失につながることになりますから、この点からも利用には注意が必要です。

お金というのは借りれば利息が発生するものですから、カードローンにしろ何にしろ、最もお得なのは借りないことです。

ですから借りようと考えた時は、まず借りないようにするにはどうすれば良いのか考えるようにしましょう。

カードローンはローンの中では金利が高い

ただし、先程も触れたようにカードローンは使い勝手は良いですが、適用される金利は通常他の目的別ローンに比べて高くなります。

したがって、お得さを考えるのであれば、この点にも十分注意しなければなりません。

お得なのか損なのかを考える場合には、要するに利息が高いかのか安いのかということに注目する必要があります。

その他にも利用時に手数料などが発生すれば、それも考えなければなりませんが、ここでは手数料は掛からないものとして話を進めます。

そこで利息はどのように計算されるのかというと、次のような数式で計算されます。

利息 = 借入残高 × 金利(年利) × 借入期間(年換算)

つまり、利息は金利だけに注目していても駄目なのです。借入れが多かったり、借入期間が長くなると、やはり金利と同じように大きく利息に影響することになります。

つまり金利が高いローンの場合には、少額の借入れにして、できるだけ早く返済してしまう事がお得な利用をするためには重要になるのです。

ですからカードローンの上手な使い方は生活費などの補填程度の少額の借入れに利用して、返済期間も非常に短くなるような使い方にとどめるべきでしょう。

高額の借入れで返済期間が長くなる場合には資金使途が限定されている目的別ローンの方が向いているということです。

借入すれば利息がかかりそれが損失になる

ただし、どんなに上手に借りて利息を減らしたとしても、借入元金に加えて返済しなければなりません。

例えば10万円借りて、金利10%で30日間借りた場合には、次のような利息がかかります。

利息 = 10万円 × 10% × 30/365 ≒ 822円

つまりこの場合元金である10万円だけではなく余分の822円の利息を支払うことが必要になり、差し引き損失ということになるわけです。

カードローンは利用を始めると、常時返済が必要になるような借入れをしまいがちで、毎月毎月こういった損失が生じている可能性がある訳です。

最もお得なのは借入れしないことと考えるべき

先程、カードローンは少額の借入れですぐに返済してしまうべきと説明しましたが、この利息による損失を考えた場合、さらにお得なのは、借りないことです。

まったく借りるなとは言いませんし、本当に必要な時も有りますが、借りる場合には、以前のように本当に必要なお金なのかということをよく考えることが必要です。

その場合には、まず自分の支出を見直して無駄な部分はないかをよく考えてみる必要があります。無駄な部分があれば、その分を節約すれば、借入れが必要なくなるかもしれません。

借入れを考えた時には、まずはこういったことをよく考えて、できるだけ借入しない、借入れするにしてもできるだけ借入額を少なくすることを考えましょう。

~カードローンの金利はどう決まるのか~
カードローンの説明資料を見れば分かりますが、カードローンの金利にはかなり大きな幅があります。

この範囲からどのように適用金利が決められるのかというと、審査における信用評価によって利用限度額と一緒に決められ、信用が高ければ金利は低く、信用が低ければ信用は高くなります。

信用評価は金融機関とのお付合いで決まり、申込当初はお付き合いが無いのが普通ですから、信用評価は低く、高い金利が適用されます。

無駄に利用しない為に資金使途を明確にしよう!他への流用は考えない

しかしどうしてもお金が必要という場合はあるものです。そういう場合に無駄使いしないためにはどうすれば良いのかというと、まず重要なのは借りたお金の資金使途を明確にしておくことです。

何にでも利用できるとは言っても借りるにはそれなりの利用目的がある筈ですからまずそれを明確にしておきましょう。

そしてここが重要ですが、借入れしたお金をその目的以外に利用しないようにしましょう。そうしすれば、少なくとも必要性のある借入れだけに絞ることができます。

ですからカードローンの借入時は少し多めに借りておくというような借り方はよくありません。必要なお金が有れば目的は達成できるはずです。借り過ぎれば、そのお金は何かに使われて消えてしまうでしょう。

まず何に利用するのか資金使途を明確にすべき

しかし全然借入れしないで済ませることは簡単ではないかもしれません。そういった場合に重要になるのは無駄使いをしないということです。

お金を借りようというのですから、必ずその場合の資金使途は決まっている筈です。資金使途が決まっていないのにとにかく借りておこうという人はあまりいません。

そこで借入れを考えた時には、まずは資金使途を明確にしておくようにしましょう。

これが明確にできないような借入れや、いろいろなことに使いたいというような場合には、無駄使いになる可能性が高いので、資金使途が明確になるまでは、借りないようにしましょう。

借入したお金は資金使途以外に利用しないことが重要

そして、借りたお金は予め明確にした資金使途以外には利用しないことが重要です。

資金使途をせっかく明確にしても、借入後に様々なものに流用したのでは、結局借りたお金が何に利用されたのか分からなくなって、しかも資金使途として考えていた目的は達成されないことにもなりかねません。

ですから面倒かもしれませんが、借入れしたらそのお金をどのように使ったかという記録を残すようにしてください。

家計簿なり小遣い帳なりを作っていれば、そこに流れが分かるようにしておきましょう。

多めに借入れしておこうというようなことは止めよう

カードローンを利用する場合、あまり正確に幾ら必要なのかを確かめずに、多少多めに借りておこうという人が多いはずです。しかしこの場合多めに借りた分は、必ず無駄使いになります。

したがって、借入れする場合には、まずはいくら必要なのか資金使途をよく検討して見積もりを行いましょう。何か借入れするなら見積書を取るのも良い方法です。

そして、それ以上の借入れはしないようにします。そうすれば、余ったお金がどう使われたのか分からないというようなこともなくなり、無駄使いを防ぐこともできるようになります。

~資金使途によっては目的別ローンを利用しよう~
本文では資金使途を明確にしてカードローンを借りるというストーリーになっていますが、もう一つ注意しておきたいのは資金使途によってはそれに合わせて目的別ローンの利用ができる場合があるという事です。

目的別ローンは通常はカードローンよりも金利が低いうえに、その目的以外には利用できません。したがって無駄な使われ方はまずできませんから、借入れとしては大変良い借り方と言えるでしょう。

自分が何にお金を使っているかしっかり記録に残しておこう!

また無駄使いを防ぐために、どうしても行っておいてほしいのが、自分のお金というものをしっかり管理することです。これができていないと借りたお金がどう使われたのか分からなくなってしまいます。

記録に残しておけば自分が何にお金を使っているのかが分かりますから、例えばお金が必要と感じた場合でも、自分のお金の中で遣り繰りできる部分を見つけることもでき借入額を抑える事にもつながります。

この記録は通常は家計簿のように日々残すことが必要ですが、現在ではハイテク機器な多いですから、できるだけ簡単に記録を残せるように工夫して長続きできるようにする方法を考えましょう。

お金の管理は無駄使い防止のためには必須

先程、家計簿か小遣い帳について触れましたが、現在では残念ながら、こういったものをつけていない人も多く、的確な遣り繰りができない場合も少なくないようです。

しかし、こういった自分のお金或は家計の管理というのは、無駄使いをしないためには必須の情報になりますから、有るのと無いのでは後々トータルで考えれば大きな差になって表れてきます。

例えばこういった管理が行われていないで、カードローンの借入れを行なったら、結局借りたお金が何に利用されたのか分からなくなって、無駄遣いが有ったのか無かったのかすらわからない状態になります。

自分が何にお金を使っているのかすぐに分かるようにしておこう

このよう状態では、説明してきたように必要と感じた時に安易に借入れしてしまっても、それが損失につながっている自覚が持てず、何時まで経っても借入れについて深く考えることもできません。

ですから、借入するにしてもしないにしても、常に自分のお金というものを管理しておき、自分が何にお金を利用しているのか、すぐに分かるようにしておくことが重要になるのです。

そうすれば、カードローンの利用を考えた時にも、自分が使っているお金を見直して、不要不急の利用を先延ばしすることで、借入れずに済ませることも可能になります。

また自分の収入に対して支出が多すぎるというような分析もできるようになって、収入内で生活できるように生活レベルの見直しもできるようになるはずです。

簡単に記録を残す工夫も必要

そうはいっても疲れて帰ってきてから、家計簿をつけるのはとてもできないというような人も多いでしょう。そういった場合には、最近では誰でも持っているようなスマホやパソコンを利用しましょう。

スマホであれば、最近ではレシートにスマホをかざすだけで、読み取って記録してくれるようなアプリも提供されていますから、簡単に始めることができ、長続きさせることも可能でしょう。

このように何々だからできないというマイナス思考は止めて、自分でもできる方法を探すようにすることが、上手にカードローンを利用することに繋がっていくわけです。

今日からでも自分のお金の管理を始めてみてはいかがでしょうか。

~借入は返済の可能性を確認してから行おう~
借入れしたお金というのは必ず利息を付けて返済しなければなりません。ですから、借入れする場合には、自分のお金を見直して月々返済できるだけの余裕があるのか事前に確認しておくことが重要です。

ここでカードローンの資金使途について纏めておきます。

  • カードローンは何にでも利用できるがそれが無駄使いにつながる可能性がある
  • まずは借入れしなくて済ませることができないかを考えることが重要
  • 借入れする場合には資金使途を明確にしてそれ以外には流用しないようにする
  • 無駄使いをしないためには自分が何にお金を使っているのか記録を残すことが重要

カードローンは利用者によって資金使途は様々ですが、常に考えておくべきなのは、どういった借入れ方法がお得なのかということです。無駄な使い方をしない様に十分注意してください。

閉じる
閉じる