自分向きのカードローンとは?情報収集と選び方

カードローンで勤務先って嘘ついても良い?虚偽申告の危険性と影響

カードローンを借りるためには審査に通過しなければなりませんが、この時重要になるのは返済能力である年収額と安定性です。このため自分の返済能力では難しいと考える人は多く、大部分は借入れを諦めます。

しかし中にはどうしても借入れが必要という場合があって、嘘の勤務先をでっちあげて申込みをする人がいます。

しかし、そのために在席確認への対応などが必要で、金融機関の審査に通過することはまず無理でしょう。

もし嘘の勤務先で申込みを行って審査を受け嘘がばれてしまった場合は、これが信用情報に記載される事になり、以後暫くの間はどんなローンを申込む場合も信用評価が低くなり、借りられなくなってしまいます。

自分の状況ではカードローンの利用は難しい!どう対応すべきか?

カードローンと言うのは誰にでも貸してくれるわけではなく、それぞれ審査を受けて、その審査に通過できなければ、融資を使用することができません。

この審査に通過するために特に重要になるのが返済能力で、これが足りなければ、金融機関は融資しても返済してもらうことが怪しくなって来ますから、審査に通すことはありません。

こういうことを考えてくると、カードローンの融資の利用を考えている人も、自分の返済能力が十分とは言えないと考える人も少なく無いはずです。

この場合、状況に応じて、借入をあきらめるか、あるいは別の方法でお金を調達するなどの対応を考える必要があるでしょう。

カードローンを借りるには審査に通過しなければならない

カードローンというのは申込めば誰にでも貸してくれるというものではありません。申込み後に行われる審査に通過しなければ借りることはできません。

審査というのは次のような確認や評価が様々な方向から行われています。

  • 申込者が本人であることの確認
  • 申込者の返済能力の評価
  • 申込者の信用の評価

これ等の確認で問題が有ったり、評価が低いといったことになった場合には、審査に通過することができなくなってしまいます。

重要なのは返済能力!

これらの審査内容はどれも重要なものですが、金融機関にとって特に重要になるのが返済能力です。

金融機関というのは慈善事業をしているのではなく、お金を貸して利息を払ってもらい利益を上げる企業です。したがって返済が行えないような人に貸してしまったら利益が上がらず赤字になってしまいます。

したがって金融機関は、返済できないと判断すれば融資を行ってはくれません。

返済能力の評価は次のように行われます。

  • 一定額以上の年収があるか
  • 安定した月収があるか

一定額というのはカードローンで違いがありますが、以前は200万円の壁と言われ年収がこれより少ないと審査には通りませんでしたが、最近ではデフレも進んだ事でもう少し少額でも融資する場合があります。

月収の安定性では職業や職種により判定され、正規採用の公務員や会社員の評価は高く、臨時採用では評価は低くなり、パートやアルバイト、自営業者などはさらに低くなってしまいます。

自分の返済能力の状況では審査通過が難しい場合の対処とは

こういったことを知っていると、自分の返済能力の状況では審査に通過できるかどうかの判断がある程度できる事になります。

このため、自分の収入あるいは職業や職種ではカードローンの審査通過は難しいと考える人も多いはずです。

そういった場合には、カードローンの借入れ自体を諦めるか、あるいは収入を増やして安定させる努力をするといった前向きな対応をする人も多いでしょう。

またいろいろと調べたうえで、できるだけ審査が緩いと言われるようなカードローンを探して、申込みを行う人もいるはずです。

~借りようと思ったら借りなくて済ませることができないか考えよう~
カードローンは便利なものですが、実態は借金であることに違いはありません。人生を送るうえでは必要な借金も有りますが、借金はできるだけしない方が良いのは間違いありません。

ですからカードローンでお金を借りようと思った時も、まず考えるべきなのはどうしたら借りずに済ませることができるかという事です。遣り繰りすれば借りなくて済むのであれば、それに越した事はありません。

嘘の勤務先をでっちあげることは可能なのか?まず無理だと考えるべき

その対策の一つとして、嘘の勤務先をでっちあげて、十分な返済能力があるように見せかけることを考える人がいます。

こういったでっちあげを行うには、まずどの程度の収入を得ているのか、人物像を想定しなければなりません。融資希望額によっては源泉徴収票などの偽造も必要でしょう。

また審査では勤務先に在席確認が行われるので、その為の電話を用意して職場を偽装することも必要でしょう。

しかしそうやって苦労して嘘の勤務先を用意したとしても、金融機関というのは様々な方向から審査を行うので、素人が考える嘘などすぐに見破ってしまいます。勤務先を偽ってもまず審査通過は無理でしょう。

嘘の勤務先で申込みをしようと考える人がいる

このようにカードローンでは審査通過が難しい人もいるわけです。

そこでこういった人の中には、先程説明した対応とは異なる方法を考える人も少ないですが出てきます。

この異なる方法というのは、自分の勤務先について嘘の申告をして申込みを行うという方法です。

こうすれば、自分は一流企業の正社員ということもできるわけです。これによって審査での評価は非常に高まって審査通過は間違いないと考える訳です。

当然普通の頭で考えれば、これは不正行為ですが、お金をどうしても借りようという場合には、頭の中で妄想が広がって、不正を働いても自分の計画通り進むと考えてしまうのです。

勤務先をでっちあげるにはどのようなことが必要になるか

そこでこの勤務先をでっちあげることを考えてみましょう。勤務先をでっちあげるにはどのようなことが必要なのかというと、次のようなことが必要でしょう。

  • 勤務先の選定とそこで受け取る自分の収入が幾らなのかを想定して人物像を作る
  • 借入希望額によっては源泉徴収票などの準備
  • 在席確認のための電話番号の準備

勤務先や収入を想定するだけだなら良いですが、源泉徴収票を準備するのはちょと面倒です。

また在席確認のための電話番号はじっさいに電話が行われることになるので、下手に番号を使うとすぐに嘘だとばれてしまいます。

金融機関の審査はそう甘くはなく嘘の勤務先での審査通過はまず無理

こういったものを準備したとして、カードローンの審査は通るものなのでしょうか。

結論から言えばまず無理です。金融機関というのはその道のプロです。これまで様々な審査を行った経験の蓄積から、利用者の考えるような手口は理解しており、審査ではそれを見抜けるようになっています。

審査というのは申込時に申告した内容をそのまま盲目的に信じるのではなく、その内容が正しいのか様々な方向から確認が行われます。

したがって申込時に申告する内容を変えたからと言って、他の情報と食い違っていれば、おかしいということになり、更に詳しい確認が行われることになるのです。

このため、嘘の勤務先だということはすぐに分かってしまって、審査は否決になってしまいます。

~本人を偽って申込む人もいる~
申込者の中には勤務先について嘘をいうのではなく、そもそも他人に成りすまして申込みをする人もいます。

審査内容に本人確認が入っているのは、金融機関が過去にそういう人に騙されて損失を被ったという経験から行われているのです。

もちろん本人ではないと分かれば、審査には通過できません。

嘘の勤務先を申告したらどうなるのか?信用失墜で以後の人生にも影響

このように審査では嘘の申告をしたことは比較的簡単にばれてしまいます。もし審査中にこういった嘘がばれた場合には当然審査は否決ですが、それに止まらず嘘を言ったということが信用情報に記載されます。

もしこういった不正の情報が信用情報に記載された場合、金融機関はまた何らかの不正が行われては堪らないと考えますから、以後暫くの間どんなローンの審査でも信用評価は非常に低くなってしまうでしょう。

このため、こういった情報があればその申込者にお金を貸そうという金融機関は無くなり、いわゆるブラックと言う状況に陥ってしまう筈です。こうなってしまうと人生設計自体にも影響が出る可能性もあります。

審査中に勤務先が嘘だとばれたら信用情報に記載される

審査中に申込時に申告した勤務先が嘘のものだとわかった場合、当然審査は否決になってしまって、カードローンの利用はできませんが、この嘘を言ったという情報は信用情報にも記載されます。

信用情報というのは金融機関間で利用者情報を共有するために作られているデータベースです。

この信用情報は日本国内の3つありますが、嘘を言ったというような金融機関にとって都合が悪い情報というのは、この3種類の信用情報間でも共有されることになります。

金融機関はローンの申込みが行われると、この信用情報を参照することになって信用の評価を行っているので、この情報は非常に怖いものとなります。

信用情報に不正をしたと記録があれば信用審査の評価は下がる

そこで嘘を言って申込みをしたという記録が信用情報の記載されたとして話を進めましょう。

この状態で、他の金融機関に行って何らかのローンを申込んだとします。

申込みが行われれば金融機関は審査を行う事になりますから、当然信用情報が参照されます。

この信用情報に過去に嘘を言ってカードローンの申込みを行ったと言う記載が有ったら、金融機関はどう思うでしょうか、当然ですが、その申込者は信用できないと判断するでしょう。

つまりローンの審査で行われる信用評価は非常に低くなってしまって、審査通過は見込めません。お金が必要でも借りることができないのです。

お金を貸そうという金融機関は無くなってブラックになってしまう

実はこれは非常に怖いことなのです。通常は1つローンの審査が否決になってもある程度期間を空ければ、別のローンの利用ができる可能性があります。

しかし、この場合には、どの金融機関のカードローンを含めてどのローンを申込んでも、同じように判断することになります。

つまり、どこに行っても審査は否決になってしまうのです。こういった状況のことをブラックと言います。

そしてこのブラックという状況は、信用情報に嘘を言ったという情報が残っている間続きます。通常なら5年間はブラックです。

例えばこの間に住宅ローンなどを利用する計画だったとしたら、かりいれができず、人生設計にも影響する訳です。

安易な気持ちで嘘を言ったことが非常に大きな代償として残ることになる訳です。

~自分の信用情報は確認できる~
何度ローンを申込んでも審査に落ちる場合、信用情報に問題がある可能性があります。

信用情報は過去の金融取引で問題が有った場合その記録が残っています。どういったことがあったか思い出せない場合には、自分の信用情報の開示を請求することができるので、一度確認してみましょう。

嘘をつかなければ借りられないのなら生活自体を見直そう!

嘘をつかなければ借りられないというのは、要するに嘘をついてまでお金を借りないと生活を維持できなくなっているということで、要するに自分の収入だけでは生活できない状態だということです。

しかし、もしそういった状態で、何らかの手段で借入れが続けられたとしても、負債が徐々に増えていく可能性が高く、そのうちに借入れができなくなって、その時点で生活は破綻するということです。

したがって、そういう場合借入れを続けても根本的な解決にはなりません。まずは自分の収入で生活ができないのであれば、生活を見直してレベルを下げ、収入内で生活が維持できるようにするべきでしょう。

嘘をついてでも借りなければ生活が維持できない

もしもうお金を借りなければ生活が維持できないというような場合には、そもそも生活レベルに問題があると考えるべきです。

何かを購入するとか、旅行に行くのに一時的にお金が必要というのであれば、借入れを考えてもいのかもしれませんが、生活で必要と言う場合一時的では済みません。

したがって、生活の維持というのは借入れで行うものではなくて、自分の収入内で行うのが基本です。

しかし生活というのは一度レベルを上げてしまうと、そう簡単には下げることができません。

以前は収入は徐々に上がっていきましたから、それでも構わなかったのですが、最近ではデフレも進んでしまって、一時よりも収入が減ってしまっている人も珍しいことではありません。

しかし生活レベルは下げられないとすれば、あとは借入れで生活を維持するしかなくなるわけです。

もしそういう状況にあるのであれば、自分の生活を見直すことが必要でしょう。

借入を続ければ返済できなくなる可能性も出てくる

もしそのまま借入れを続けてしまうと、借入れと返済が自転車操業のようになり、やがては借入額が徐々に増えていく事になってしまうはずです。

そうなると、現在のカードローンというのは借入額によって返済額も変わってくる残高スライドリボルビング方式という方式で返済額が決まるので、徐々に返済額が高額化することになってしまいます。

そして、借入額が一定額を超えてしまうと、自分の返済能力の中では返済が難しくなってしまう事も有り得ることです。

そうなった場合、もう返済ができず、さらに別のカードローンを借りるようなことを考えなくてはならなくなります。

しかしこうやって、他からの借入れを返済に回すといった状態になると、返済も複数になって、さらに厳しい状態になり、いつか返済できなくなって多重債務者に転落してしまいます。

借入を考えるのではなくて生活レベルを見直す事を考えるべき

ですからもし生活を維持するために借入れを繰り返しているのであれば、自分の支出内容を見直して、不要な出費を無くし、必要があれば生活全般にわたって見直して、支出を削ることを考えましょう。

こういったことを行えば、生活レベルは下ることになりますが、それが自分の収入に見合った生活ということです。

収入が目減りすることも有る現在では、生活レベルというものも随時見直しを行わなければならないものだという認識を持つべきだということを忘れないでください。
~自分のお金の管理をしておこう~
本文では支出を見直すように説明していますが、それを行うにはどういった支出があるのか、わからなければなりません。

そのためには常日頃から自分のお金というものを管理しておく必要があります。簡単に言えば家計簿をつければよいのですが、最近ではスマホのアプリでもそういった管理ができるものがあるので利用しましょう。

ここで嘘の勤務先を申告してカードローンを申込むことについて纏めておきます。

  • カードローンは審査があり自分の状況では審査通過が難しいと分かる場合がある
  • 嘘の勤務先をでっちあげてカードローンを申込んでもまず審査通過はできない
  • 嘘の情報で申込みをしたらその情報は信用情報に残り以後ブラックになってしまう
  • 嘘をつかなければ借りられず生活の維持ができないという場合には生活自体を見直す必要がある

審査通過が難しい場合闇金の利用を考えてしまう人もいますが、冷静に考えれば闇金の利用がどれだけ危険か分かるはずです。絶対に利用してはいけません。

閉じる
閉じる